顔相鑑定士・顔研究家・顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ

浮気性、自己中心的...etc.付き合うと不幸になる!?のはこんな顔!@Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)
資生堂さんが運営する「美しく暮らすための“きっかけ”がつまった美の応援サイト」【Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)】にインタビュー記事が掲載されました。

寒くなると、人恋しくなりますよね。恋愛スイッチが入りやすい時だからこそ、男性を見る目は養っておきたいところ。悲しい恋愛に発展してしまわないように、顔面評論家の池袋絵意知さんに、浮気性や自己チューなど要注意な傾向のある男性の顔相を教えてもらいました!

浮気性、自己中心的...etc.付き合うと不幸になる!?のはこんな顔!@Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)



ということで今回はネガティブ系なテーマですが…

付き合うと不幸になる!? 要注意な4つの顔相とは...?

1. 浮気性な男性の顔相傾向は...
2. ギャンブル好きな男性に多い顔相って?
3. 定職につきにくい!?男性の顔相
4. トラブルに巻き込まれがちな男性の顔相は?

ぜひ、ご覧ください!!

『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。


| 恋愛・結婚 | 23:20 | - | - | pookmark |
『月刊てりとりぃ』【大阪から池袋絵意知です!(33)】「マクド、スタバ」|仮面ライダーと仮面貴族ミル・マスカラス
隔月で連載している『月刊てりとりぃ』の【大阪から池袋絵意知です!】

第33回は「マクド、スタバ」です。

「マック」か?「マクド」か?
8月にあった、
日本マクドナルドがマクドナルドの“愛称”をバーガーのおいしさ対決で決めるキャンペーン


からの

「マクドからのメッセージ」



からの「スタバ」

で、最後はもちろん、大阪のあの3文字!

今回は読者のことを考えた小気味よいコラムになっていると思います。


「月刊てりとりぃ」第92号(2017年11月号)は通常より発行が1週間遅くなり、11月4日より配布を開始しております。

「月刊てりとりぃ」の【配布場所】は週刊てりとりぃ右サイドの【「月刊てりとりぃ」配布場所】をご覧ください!


今月号の個人的な注目記事は、

テレビの泉(77)『山口百恵秘蔵映像』(加藤義彦=ライター)
私もとあるルートから山口百恵さんとピンク・レディーのテレビの歌謡番組での映像を集めたDVDをもらって一時期毎日何度も見ていました。『夜のヒットスタジオ』のが多かったと思います。
ピンク・レディーは直撃世代で、山口百恵さんはちょっと上の世代の人に人気があり小学生の頃は特に好きではなかったんですが、改めて見てみると時代が変わっても色あせない魅力がありました。歌も衣装も顔もちょっとした動きもダンスも全てがいい。どちらも昭和歌謡界のスーパースターです。
あの時代が日本のエンターテイメントの頂点でもう二度とああいう時代はこないし、あの時のような魅力的なエンターティナーは現れないのでしょう。
そりゃ現代のくだらないテレビは見ずに、YouTubeで昭和歌謡を見ますよ。平成生まれの子も。


長崎学のススメ(三十四) 『仮面ライダーと長崎』(高浪高彰=長崎雑貨たてまつる店主)
私も先週『【仮装 変装 変身】ハロウィンだからマスクとコスプレを考える。〜プロレスの覆面を中心に〜』で仮面ライダーの話をさせていただきました。
仮面ライダーはまさに「ライダー 変身 トー!」ですからね。
平成仮面ライダーも凄いことになってるみたいですけど、残念ながら見ていません。

LOST WORLDへの案内 第81回 (佐野邦彦=VANDA編集人)
初っ端からミル・マスカラスのテーマソング『Sky Highi』の話から!
ミル・マスカラスの人気はあのマスクと肉体と空中殺法とこのテーマソングが完璧にマッチしたからこそ生まれたものでした。
『【仮装 変装 変身】ハロウィンだからマスクとコスプレを考える。〜プロレスの覆面を中心に〜』ではミル・マスカラスの話もしたのでビックリ!!!

仮面貴族と言われたミル・マスカラスの初来日は1971年。
仮面ライダーの放送開始も1971年。

1970年代は仮面をつけたヒーローの時代でした。

ということで、
『プロレスアルバム2』「ミル・マスカラス」(恒文社)から、ミル・マスカラスの自宅での写真を!


※関係ないけど「マクド」と聞くと「マスクド・スーパースター」が浮かぶ私はマスクマン脳?


『月刊てりとりぃ』も残すところあと9号。
計算だと隔月の私はあと4回で、6月末発行の7月号(第100号)がラストです。


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。

| 大阪から池袋絵意知です! | 17:10 | - | - | pookmark |
11月5日は「いい男の日」(資生堂が制定)|観相学の専門家が指南!眉間・目元・肌...いい男の顔の特徴とは?@Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)
資生堂さんが運営する「美しく暮らすための“きっかけ”がつまった美の応援サイト」【Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)】にインタビュー記事が掲載されました。

11月5日は「いい男の日」
美しい生活文化の創造のために、化粧品事業、ヘルスケア事業などを展開する株式 会社資生堂が制定。いきいきと素敵に生きるすべての男性を応援する日。日付は11と5 で「いい男」の語呂合わせから。



「いい男の日」に合わせて「いい男の顔」

観相学の専門家が指南!眉間・目元・肌...いい男の顔の特徴とは?@Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)

11月5日は「いい男の日」! 突然ですが、「いい男」と聞いて、どんな男性を思い浮かべますか? 「見た目ではない!」とは言え、見た目も大切なのは確かですよね。

顔立ちや表情で、その人の性格や気質、才能を判断する「観相学」の視点から見ると、実は内面は外見に影響するらしいのです。専門家の池袋絵意知(えいち)さんに、どんなマインドを持っていると、いい男の顔相になるのか教えてもらいました。


人の顔は、これまでの生き様が刻まれる

健康と自信が"いい顔"を作る!?

眉間、目元、肌を見れば、"いい男度"が分かる...?

目元や肌をケアするだけで顔の印象は変わる!


という内容で

今年6月の第1回京都HC塾「いい顔、いい心、いいコミュニケーション」での原島博先生のお話

初めて化粧文化研究者ネットワークに参加した時の懇親会での北山晴一先生のお話
を中心に構成しています!

(私の場合はどうしても「観相学」の部分を求められると、資生堂さんのサイトなので「肌ケア」にも比重を置いていますが)


ぜひ、ご覧ください!!

『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。

| 顔学・顔・表情 | 21:16 | - | - | pookmark |
ゴリラ顔美女がエロいの検証@『実話ナックルズ』(広瀬アリス 水原希子 久松郁美 前田敦子)
昨日、10月30日(月)発売の『実話ナックルズ』12月号(ミリオン出版)の


【今一番熱い<ゴリラ顔美女がエロい>の検証】という企画でコメントさせていただきました。

雑誌の特徴としてタイトルは刺激的ですが、
「ゴリラ顔美女の魅力を真剣に考えてみた」という内容になっています。

【ゴリラ系美女の代表】と言われる
広瀬アリス(女優)
水原希子(モデル)
久松郁美(グラビアアイドル)
前田敦子(アイドル)

の4人に共通する特徴をピックアップし、

・目と目の間が狭い(内寄り)
・目が上がり気味で目ヂカラが強い
・頬が高い
・小鼻が張っている(鼻の穴が大きい)
・口が引き締まっている
・アゴがガッシリしていてグイッと前に出ている

【ゴリラ顔美女の顔の特徴】としました。
(誌面ではスペースの関係上「頬が高い」をフィーチャーしています)。



誌面でも「美女の条件が揃う」と見出しをつけていただきましたが、ゴリラ系美女は、カッコいい系の顔、強い女の顔ですね。

顔面評論家として「ゴリラ顔美女の魅力」「今、ゴリラ顔美女が人気の理由」をわかりやすく解説できていると思います。

にしても、久しぶりに『実話ナックルズ』を見ましたが、すごい表紙ですね。

10〜15年前はけっこう買って読んでいました。
(芸能裏情報が多かったから?)

今回、見本誌を送っていただいて久々に拝見したところ、
最初のページが「アウトロー大阪」「東京のビッチかかってこんかい」というインパクトのある写真で、以前にも増してアウトロー色が強くなっていました。


そんな中、豊田真由子直撃企画、プロ野球黒いドラフト53年史、安室奈美恵特集、可愛すぎるGカップ車椅子少女、パチンコが消える日、こまどり姉妹、村上春樹ノーベル賞問題、刺青裁判“有罪判決”に物申す!、レジェンドレスラー高山善廣などがあり、政治、スポーツ、芸能、サブカルチャー、社会問題と非常に濃い内容で驚きました。

じっくり読んだら1ヶ月でも読み切れないほどの濃い内容で、文字離れが叫ばれている昨今ですが、こういうアウトローの人でも活字好きの人がたくさんいるんだと思いました。
ネットには無限に文字と情報がありますが、活字はやはり違いますからね。

また、必ずしもアウトローの人がメインの読者ではなく、しっかりした取材と文章から幅広い層から支持されているのがわかりました。

『実話ナックルズ』12月号(ミリオン出版)は全国の主要コンビニエンスストアと書店で販売中です。

ぜひ、ご覧ください!!!

『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| メディア情報(雑誌・テレビ・ラジオ) | 20:58 | - | - | pookmark |
「男性が本当に好きな唇」って?色彩心理×メイクテクで作る最強モテリップ!@Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)
資生堂さんが運営する「美しく暮らすための“きっかけ”がつまった美の応援サイト」【Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)】に監修記事が掲載されました。

5回連続で男性の顔がお続きましたが、久しぶりに女性の顔です。

「男性が本当に好きな唇」って?色彩心理×メイクテクで作る最強モテリップ!|Daily Beauty Navi|Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)

男性は「女性の唇」に魅力を感じるって言うけれど、具体的にどんな唇を素敵だと思っているの? それがわかったら、史上最高のモテ女子になれるかも! そこで、顔面評論家の池袋絵意知(えいち)さんに、色彩心理学や観相学の観点から「男性が本当に好きな唇」の条件を導き出してもらいました。さらに、そんな唇に近づけるメイクテクを、ヘアメイクアップアーティストの齋藤有希子さんが伝授。色彩心理×メイクテクの最強タッグで作る本物のモテ唇は必見ですよ♪

ということで、資生堂ヘアメイクアップアーティストの齋藤有希子さんと最強タッグを結成!?




「男性が本当に好きな唇」3つの条件とは?

ぜひ、ご覧ください!!

『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。


| ヘアメイク・ファッション | 20:26 | - | - | pookmark |
シャレコーベミュージアム「第6回ハロウィンフェステバル」で10月29日(日)に講演をおこないます。|【仮装 変装 変身】ハロウィンだからマスクとコスプレを考える。〜プロレスの覆面を中心に〜
春の「第3回スカル絵画展」で講演をおこなった兵庫県尼崎市のシャレコーべミュージアムでまた講演をおこなうことになりました。

今度は、明後日、10月29日(日)の「第6回ハロウィンフェステバル」です。


写真は昨年の「第5回ハロウィーンフェステバル」から。


春は“シャレコーベミュージアム”での「スカル“絵画展”」ということで、“骨相学”や“ダ・ヴィンチ”の話など顔研究の歴史を振り返りつつ、【観相学、骨相学、そして「顔学」とは何か?】というタイトルで講演を行いましたが、

今回は、

【仮装 変装 変身】ハロウィンだからマスクとコスプレを考える。〜プロレスの覆面を中心に〜

という長いタイトルで。

もはや、日本のハロウィンは、誰もがおおっぴらに仮装ができる「大コスプレ大会」です。
そしてそれは、日本が世界に誇る文化である漫画やアニメとも大きな関係が…。
また、日本におけるプロレスの覆面レスラーも漫画やアニメの影響により発展しました。
風邪でもないのに口にマスクをする若者から日本のコスプレ文化までを、プロレスの覆面を中心にお話します。

2年前に「プロレス・マスク・ミュージアム&佐山サトル館」を訪問したことが役に立つ時がきました。

私の講演時間は12時30分から。


10月29日(日)の「ミニ講演」は他にも、

矢山和宏氏(科学捜査官)による【白骨死体は語る】

米澤泉氏(甲南大学 人間科学部 文化社会学科 准教授)による【ニッポンのハロウィン2ーハロウィンとインスタ映え】

馬場章夫氏 (ラジオパーソナリティ)による【世界一重くて大きいお金のある島】

吉本祥生氏(兵庫県立大学名誉教授、兵庫中央病院名誉院長)による【脳細胞の働き】

シャレコーベミュージアム河本圭司館長(関西医科大学 名誉教授)による【スカルからみた人類の進化・絶滅の危機】


など、他では聞けないお話が!

暗闇のハロウィーン タイム

15時40分からは恒例の「日本で最も由緒正しいハロウィン仮装コンテスト」と盛りだくさん!

ぜひ、お越しください!


シャレコーべミュージアムの場所は、
兵庫県尼崎市浜田町5−49
JR立花駅から徒歩15分※タクシーで6分
阪神電車:尼崎センタープール駅から徒歩15分※タクシーで5分 


お車の場合
国道2号線 河本歯科隣
尼崎南署西分庁舎から東100m
自動車: 名神・尼崎ICから15分
阪神高速・尼崎東出口から15分
※駐車場は館内にはございませんので、近くの有料駐車場をご利用ください。


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。


| 講演 | 23:24 | - | - | pookmark |
気になる彼の性格診断!目は口ほどに物を言う!?目元の特徴で今すぐチェック@Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)
資生堂さんが運営する「美しく暮らすための“きっかけ”がつまった美の応援サイト」【Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)】にインタビュー記事が掲載されました。

またまたまたまたまた男性の顔です。

気になる彼の性格診断!目は口ほどに物を言う!?目元の特徴で今すぐチェック|Daily Beauty Navi|Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)

人の顔の印象を大きく左右する目元。「『目は口ほどにものを言う』ということわざ通り、観相学から見ても『目は心の窓』です」と話すのは、観相学に精通している顔面評論家の池袋絵意知(えいち)さん。そこで今回は、目の大きさや角度などの目元の印象から導き出される、いい男性・苦労する男性を診断してもらいました!



ぜひ、ご覧ください!!

『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。




| 恋愛・結婚 | 20:08 | - | - | pookmark |
スタジオアリス25周年記念「スタジオアリス キッズコレクション」でぺこ&りゅうちぇるさんの将来の子供の顔予測をしました!
10月1日(日)はお台場ヴィーナスフォート教会広場でスタジオアリス25周年記念「スタジオアリス キッズコレクション」が開催されました。

スペシャルゲストは先日結婚式を挙げられたばかりで、今芸能界で最も話題のぺこ&りゅうちぇるさん。

私は顔面評論家として、ぺこ&りゅうちぇるさんの将来の子供の顔予測をやりました。

ヴィーナスフォート(テーマパーク型商業施設)の営業開始時間は11時。
「スタジオアリス キッズコレクション」のイベント開始時間は13時。

ということで、営業開始前にリハーサルを終えてなければならないので8時に会場入り。


両サイドのショップの明かりがついていない暗い中、
設営準備が進められている教会広場の光だけが輝く幻想的な空間でした。

こちらはリハーサル時のステージ上からの写真。

本番では正面にある8個?のスポットライトが一斉にステージを照らします。
ステージからの眺めも最高でした!

ヴィーナスフォートの教会広場は1度上がってみたいステージだったので夢が叶いました。

ファッションショーということでそれっぽいネクタイをしていったところ、カリスマモデルのお2人から「おしゃれ〜」とステージ上でも褒められたので自慢します!

池袋絵意知
出典:
まんたんウェブ(まあ自分なので)

この写真をフェイスブックに挙げたところ化粧文化研究者ネットワークでお世話になっている米澤泉先生(甲南女子大学准教授。ファッション文化論、化粧文化論)に「素敵ですね」と褒められたのでそれも自慢します!

<ぺこ&りゅうちぇる>ハネムーンベイビー希望? 名前も決定「女の子はモナちゃん、男の子は…」(まんたんウェブ) - Yahoo!ニュース

元記事
【写真特集】ぺこ&りゅうちぇる、キッズモデルと七五三ランウエー!

かわいい衣装に身を包んだキッズモデルの写真もたくさんありますよ!
本当にみんなかわいい!(衣装がどれもカッコいい&かわいくて、その服を着ることで顔も変わるなぁと)
このキッズモデルの中から将来タレントやモデルになる人が現れると嬉しいです!


ここに動画があります。
【美人すぎ!?】ぺこ&りゅうちぇるから生まれてくるこどもの顔を予測した結果...!スタジオアリス25周年記念「スタジオアリス キッズコレクション」 | 動画ニュース「フィールドキャスター」

【動画ロングバージョン】
【美人すぎ!?】ぺこ&りゅうちぇるから生まれてくるこどもの顔を予測した結果...!スタジオアリス25周年記念「スタジオアリス キッズコレクション」
私の解説シーンも多いです。4:45くらい〜8:00まで。(私のパートは5分だったのですが、3分以上使ってくれていました)

キャプチャーはfieldcasterjapanのYouTubeから。








<ぺこ&りゅうちぇる>夫妻に「おしゃれ〜」と褒められたネクタイは、ぺこさんのオレンジ、りゅうちぇるさんの水色と2人の衣装ともシンクロしました!
※よく見ればぺこさんのストライプのシャツとも色調のバランスが似ていますね。

で、シンクロといえば2人の息がピッタリ合っているのは驚きました!!

顔合わせの時に少し会話させていただいたんですが、リアクションの言葉、タイミング、声のトーンが全て揃っていたんです。
まさに“気の合う”本当に素敵なご夫婦でした!

イベントは、来場者数もTV露出も多かったそうです。
(テレビのほうは、ぺこ&りゅうちぇるさんのみで私は映ってないかもしれませんが)
※「TVニュースで見ました!」と言われ、調べてみたら10月2日(月)日本テレビ系列の夕方の番組『news every.』の17時台後半、芸能・スポーツニュース「カルスポっ!」のコーナーに私も出てました。

最後に裏話を。

上の動画には入っていませんでしたが、りゅうちぇるさんのお顔については「面長で鼻が立派なので責任感の強い大人っぽい性格です。」と解説したところ、ぺこさんが「そうなんです。本当はすごく男らしいんです。」と同調してくれました。
で、5分の持ち時間で2人のお顔プラス「6ヶ月の赤ちゃん」「5歳の男の子」「7歳の女の子」の5つの顔についてのコメントとトークだったので、りゅうちぇるさんのお顔の大人要素の強い2つの項目(輪郭、鼻)だけをピックアップしてお話をさせていただいたのですが、間近で拝見すると(30cmまで寄らせていただきました)目が「凄く真面目で誠実で奥さん一筋の責任感の強い目」をしていました。
観相学的に目は形や大きさを見るよりも、感じる(心で見る)ことが大切なパーツで、りゅうちぇるさんの目から「責任感が強く家族を大切にする人だなぁ」と仕事中(ステージ上で予定されたコメントを時間通りに言わなければならない)にもかかわらず、目からその人の人柄が見えて思わず興奮してしまいました。

それから、今回のイベントの主催者である株式会社スタジオアリスさん(こども専門写真館)は、大阪が本社の会社だったのですが、総合プロデューサー的立場の方が、私やスタッフの皆さんを和ませる会話術が素晴らしくて感動しました。
間と短い一言が絶妙で一瞬で周りを笑顔にするのです。
お顔も「絵に描いたような理想の上司タイプはこんな顔」のマーク・ハーモンタイプ

ここで書いている「梅田絵意知、難波絵意知、天王寺絵意知」の話をしたところ、“天王寺絵意知”を気に入ってくれていました。

また、MCの上出佳子さんも「四条畷絵意知(しじょうなわて・えいち)とかもいい!」と間髪入れず入ってきて笑わせて、普段からさすがのトーク力、コミュニケーション力だなぁと。
フリーアナウンサーとして司会業もベテランで、1時間20分にも及ぶ長丁場のイベントを臨機応変に対応されていたのにも感動しました。今回はモデルが一般から選ばれた20名のキッズモデル。予定外のことが起きても場つなぎが自然でしたし、本番前のぺこさん、りゅうちぇるさんとの顔合わせでも上出さんの一言でぺこさんともお話することができました。

久しぶりの表舞台でしたがスタッフさん、MCの上出佳子さん、ぺこ&りゅうちぇるさんのおかげで楽しいイベントになりました!

ありがとうございました!!!


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。

| メディア情報(雑誌・テレビ・ラジオ) | 19:39 | - | - | pookmark |
第22回 日本顔学会大会(フォーラム顔学2017) ブランドとしての顔 -魅せる感性・見る感性-
9月9日(土)〜10日(日)は関西学院大学(西宮上ケ原キャンパス)で【第22回 日本顔学会大会(フォーラム顔学2017)「ブランドとしての顔 -魅せる感性・見る感性-」 】

「関西では初の日本顔学会大会」だと思っていたのですが、第3回 日本顔学会大会が(1998年10月3日〜4日,国立民族学博物館)で開催されていて(私が顔学会に入会する前年)、これが大阪府吹田市千里の万博公園内だったので関西では2回目になります(関西では12年ぶり)。

いつもシャレコーベミュージアムのイベントでお世話になっている神戸新聞の前川茂之さんが記事にしてくれました!
神戸新聞NEXT|社会|「モテる顔とは?」西宮で日本顔学会 9日から


前日の9月8日(金)の夕方には自分の作品の搬入と「東名阪似顔絵サミット」の作品が無事全部搬入されたかの確認に。

『東名阪似顔絵サミット』の作品はそれぞれ個性的な似顔絵で圧倒されました!

美しいキャンパスですが駅からは遠く歩きました。
案内には甲東園駅から徒歩12分とありましたが、行きは上り坂だしキャンパスに入っても会場まで歩くので徒歩で20分以上かかりました。

そして、1日目の9月9日(土)
なんと梅田駅から関西学院大学へ向かう阪急電車の中で原島博先生と同じ車両になるという幸運の幸先の良いスタート!!
おかげで先生といろんな話をさせていただくことができました。

今回は、自分の作品発表があったのでポスター発表は【野生の仮面―社会的に変化するオランウータンの顔】しか見ることができなかったので、特別講演の2つと作品発表を中心に振り返るとします。

昨日、7月の第2回 日本顔学会 関⻄支部研究会 「顔学会が関⻄にやってくる!」をブログに書いたところなので、このブログは9月のブログにしたくいったんここで公開して、後でもろもろ整理してから加筆することに致します(自分の作品についても)。


似顔絵を描かれてわかる我が心
池袋絵意知(ふくろう流観相学)

撮影:斎藤忍さん(尚美学園大学)


撮影:橋本憲一郎さん(似顔デザイン)


ひとまず先にこちらを。

「東名阪似顔絵サミット」についても“似顔絵評論家”としてのちほど感想を。


「東名阪似顔絵サミット」の優勝は招待作家のタナカサダユキさんの作品でした!

(賞状は山藤章二似顔絵塾関西塾生「笑像画展」の上田さんに代理で受け取っていただきました)

岸野賞(大会長賞)は斎藤忍さんの作品でした!



この光景を見て、今回オブザーバーを務めて良かったと思いました!

実行委員会の関西学院大学の皆様
そして、参加してくれた作家の皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございました!


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。




| 顔学・顔・表情 | 20:39 | - | - | pookmark |
第2回 日本顔学会 関⻄支部研究会 「顔学会が関⻄にやってくる!」|『顔は何を表象するのか?-メディアとしての顔-』『顔・心・化粧』
顔関係のブログだけでもたくさん溜まってしまっているので、化粧文化、美人画の前にまずは顔学会から。

7月8日(土)は立命館大学朱雀キャンパスで
第2回 日本顔学会 関⻄支部研究会 「顔学会が関⻄にやってくる!」





1年前の2016年7月9日(土)が第1回日本顔学会関西支部準備委員会研究会

振り返ってっみるとまだ混乱していた時期ですね。

今年の「フォーラム顔学2017」は、9月9〜10日に関⻄学院大学にて開催ということでその決起集会的な会でもありました。

ざっとメモと感想をまとめます。

(赤が私の言葉です)

『顔は何を表象するのか?-メディアとしての顔-』
日本顔学会前会⻑
東京大学名誉教授・特任教授
原島博 先生

6月24日の第1回京都HC塾「いい顔、いい心、いいコミュニケーション」
に続いて京都での原島先生の講義。

顔は身分証明書
顔はメディア
顔は自分自身であり、プライドあるいはコンプレックスの源。

どうして人は顔を気にするのか?
→人にとって唯一裸の部分であり、その裸の部分を相手の一番見えやすい目の前に置いているから。

なのに、近ごろは顔を隠したコミュニケーションに。

「匿顔のコミュニケーション社会」

(大事な顔合わせで/会議、商談などで)大きなマスクをしていたら相手は信用してくれない。
顔を匿すことにより人格が変わる。ジキルがハイドになる。

匿顔そのものが快適になり、その世界を中心に生きるようになる。

顔を匿したほうが安心できる(マスクをして)
女性はメイクが間に合わない時にマスクをする。

「体人類=スキンシップコミュニケーション(動物的)」
「面人類=Face to Face 顔を合わせてコミュニケーション(表情、言語)」
「線人類=電話、メール、LINEでコミュニケーション」
「点人類=パソコン、スマホとだけコミュニケーション(他人とはコミュしない)」
※メディアの発達は人のコミュニケーションを妨害しているのかもしれない。

「点人類」の次にくるものは?と考えようと思っていたのですがまだ出てきません。

メディアは若者を変えている。
街でもメディア漬けにした(電車内でもスマホを見ている人がほとんどに)

線人類
ネット(線)につながっていないと不安でしょうがない。

顔を匿すことにより
気楽にコミュニケーションできる。

顔を匿すことにより
エネルギーが生まれる。勇気がでる。
権力に立ち向かったスーパーヒーローは顔を匿していた。
(月光仮面、鞍馬天狗)

仮面にはいろんな意味がある。

イスラムのベール(ヴェール/ヒジャブ)にも意味がある。
西洋の顔の見方だけでイスラムを理解しようとしてはいけない。

顔を隠す行為1つとってみても、いろんな文化があることを理解しなければなりません。
最近は何ごとにおいても西洋文化というかアメリカ基準で、アメリカ発の間違ったリベラルというか平等や自由を履き違えた思想が多いです。
男女がそれぞれの役割、男性女性は違って当たり前。
不自然な「男女平等」「男尊女卑」「(日本の)女尊男卑」など…
今の社会がおかしくなっているのは、アメリカ的価値観、アメリカ的思想が原因だと私は思っています。



2015年の公開シンポジウム「顔と身体表現に基づく異文化理解」で原島博先生(東京大学:コミュニケーション工学)と化粧文化研究者ネットワーク代表の北山晴一先生(立教大学:社会デザイン学)がコメント。→大きな研究プロジェクトに昇格(新学術領域研究『トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築―多文化をつなぐ顔と身体表現』)

原島先生にとって顔学はどういう意味をもっていたのか?

マイナス
世の中では学者は「その道一筋」と思われる。(顔研究一筋だと)
新しい分野は業績がなかなか評価されない。

プラス
顔の研究から自らの専門分野の見方を変えた。
技術から人間コミュニケーションへ交際する研究者の範囲が広がった。
学術的な視点(ダ・ヴィンチ科学)
自分の専門分野を相対化できるようになった。関心分野が広がった。
自分も「顔」に対して自由になった。
「顔」で遊べるようになった。

原島先生は「評価」という言葉が嫌いですが、
原島先生をもってしても、自分の研究がなかなか評価されないのは辛いところなんだなぁと。


いろんな問題の原因は…
地域コミュニケーションがおかしくなった。
リアルな社会コミュニケーションをどう使っていくか?が課題。

この「地域コミュニケーションがおかしくなった」のも、アメリカの影響を受けて日本の元からあった文化が悪く作用してそれが増長した結果だと思います。
声かけ事案とかもう本当におかしなことになっていますから。
子供にコミュニケーションさせない教育をしているんだから、コミュニケーションできない人が育ち、ちゃんとしたコミュニケーションができない社会・国になるのは当然です。


原島先生のSNS上のアイコンが「歌舞伎メイクの写真」になったのは?
1994年に自分のホームページを作った時にとりあえず「歌舞伎の顔」を載せた。
メディアにおける原島の顔があれになった。

「顔」は大事ですからね。
メディアにおける池袋の顔は「2005年に撮影したプロフィール写真」のままですが、いつ変えようかといったところです。
女性の作家や実業家に多いのが、若い頃の写真すぎて別人感がありすぎ問題。
「顔」を変えるのは勇気のいることですが、自然な「顔」でメディアに出たいものです。



「顔」 カッコ付きの顔とは?
すべて「カッコ付き」の顔かも?
どれが本当の顔?
自分の顔は自己イメージ。人から見られている顔とは違うかもしれない。

いろんな表情に見える(能面は角度によって違って見える)
ハローキティは表情豊か。無表情に見えるけど、見る人の気持の投影により違ってみえる。

この「顔はインタラクティブ(見る側の見方、心によって見え方が違う)」というのは顔学のキーであり「顔」の大事な本質なのですが、最近は、すべて「それ」で解決してしまおうという動きがあるように思います。
人によって見え方が違うものが「顔」だけど、私たちは「顔」を素直に正しく見る心を養わなければなりません。



『顔・心・化粧』
日本顔学会理事
東北大学大学院 文学研究科教授
阿部恒之 先生

1970年代のイギリスで顔認識の研究が活発化した。
(NATOが出資して)
テロリストや、ロシアのスパイ(ソビエトかな)を空港で検知したかった。

顔の心理学的研究が進歩した。

卒論で顔研究をやったは阿部先生が初。

発信装置としての顔
・感情表出
・個体識別

受信装置としてのセンサーが集中
顔はレーダー兼スクリーン

視覚、聴覚、臭覚、味覚の独占

人間は図形の中から顔を見つけ出すのが好き(得意な動物)
自動車のフロントなども。

知覚対象としての特異性
検知→怒り優位性効果


認知記憶→笑顔優位性効果

「相貌的知覚」
おでこが広いと頭がいいとか見える

知覚対象としての特異性
認知、記憶、微差を意味に変換

心の座/人格の座

心の座はどこにあるか?
現代は、心は脳にある

機械化したくない身体の部位は顔
頭部だと目、次に口

なぜ、メーキャップで印象が変わるのか?
容貌上の着色、強調
大人顔 子供顔

拡散配置 集中配置
主に目と口の広さ、距離(目と目ではない)

直線的→敬遠
曲線的→親近

唇の山を高くすると子供っぽくなる。

「ときめき表情」の形態特徴
口角が上がっている
ほほが上がっている
目の下のふくらみ(涙袋)が大きい
鼻が膨らんでいる

この「ときめき表情」の形態特徴が、幸福(喜び)の表情と2つ共通していた(口角が上がっている、頬が隆起している)のが興味深かったです。

「目の下のふくらみ(涙袋)が大きい」というのは表情なのか?
もしそうだとしたら、表情変化として人間の視覚でわかるのか?
頬が上がることで、目の下のふくらみが大きくなる?
という疑問が残りました。

「鼻が膨らんでいる」は「興奮している」ので、面白い結果ですね。


『NOGIBINGO!4』(日本テレビ)「素の表情で顔相学」
で乃木坂46の能條愛未さんに「興奮してますね」とコメントしたのはこの表情からです。

そして、
フォーラム顔学 2017」大会長、岸野文郎先生(関⻄学院大学)から「フォーラム顔学 2017 のご案内』があり、原島先生が「日本バーチャルリアリティ学会」の2代目会長で、岸野先生が3代目会長というお話。

「日本顔学会 似顔絵ネットワーク企画行事」【東名阪似顔絵サミット】も紹介していただきました!



これで原島先生の講演は、
5月13日『改めていまという時代を考える−資本主義の見直し−』(東京)※ブログまだ
6月24日『いい顔、いい心、いいコミュニケーション』(京都)
7月02日『美女と美男のイメージ―それはどのようにして作られたのか』(東京)※ブログまだ
7月08日『顔は何を表象するのか?-メディアとしての顔-』(この日の京都)
とハイペースで受講。

原島先生オタクとして東へ西へ追っ掛けやっています!


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。


| 顔学・顔・表情 | 21:28 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ 最新記事
+ プロフィール
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ 著書・関連書籍




池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

辛酸 なめ子
辛酸なめ子さんと対談。
[特別対談]
セレブに学ぶ開運フェイス



双葉社
「観相学のプロに聞いた!タイプ別ヒゲメンGET術」監修。
+ ARCHIVES
+ OTHERS
このページの先頭へ