顔相鑑定士・顔研究家・顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ

<< 人間の顔を徹底解剖!顔相 CHECK BOOK@『sweet 占いBOOK別冊 手相SPECIAL BOOK』 | main | 【「理想の夫婦」には顔に共通点がある!? 顔の専門家に聞いてみた】@マイナビニュース >>
TBS『ピラミッド・ダービー』の異常性|ザ・ワークス西原信行氏、儀万由佳氏の無責任ぶり、スポンサーを続けるP&G、小林製薬、アース製薬

TBS『ピラミッド・ダービー』番組ホームページより

TBS武田信二社長へ公開質問「放送による暴力・虐待について」【『ピラミッド・ダービー』捏造問題】
7月12日(火)にTBSのホームページからTBSの見解を問い合わせもしましたが、まだ返答がありません。

また、今回の件が発覚した直後に制作会社のG氏には「番組ホームページでのお詫びと訂正」、「番組内でのお詫びと訂正」を要求し、話し合いはそれが終わってからさせていただければと思います。」としていたので、
TBSの番組プロデューサーF氏から聞いていた7月19日(日)放送のTBS『ピラミッド・ダービー』内でのお詫びがある2時間前の17:52にプロデューサーN氏、アシスタントプロデューサーG氏に連名でメールをしていたのですが、両者とも責任をとるつもりはなくN氏は「BPOの審議結果をご報告」、G氏に至っては私の質問に対する回答はなく別の用件で、とても責任感を感じられませんでした。

ねとらぼさんの記事では、実名を伏せてもらいましたが、


TBS系「ピラミッド・ダービー」にヤラセ疑惑 オンエアで脱落した出演者が「現場で脱落していなかった」と出演者2人が語る - ねとらぼ

TBS、「ピラミッド・ダービー」ヤラセ疑惑について当事者に謝罪 - ねとらぼ


スタッフ名は放送最後のクレジットタイトルにも出ていてWikipediaにも出ているので実名で書かせていただくことにします。
『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー』ウィキペディア

※私も朝日新聞の報道では「ゲスト解答者の男性」と実名が伏せられていましたが、それ以外の報道では基本的に実名ですし、ここはマスコミの記事ではなく個人ブログなので。

本ブログではTBS『ピラミッド・ダービー』の異常性について検証したいと思います。


(1)【制作スタッフについて】
(2)【スポンサーについて】
(3)【『ほこ×たて』との共通性について】


TBS『ピラミッド・ダービー』の異常性(1)
【制作スタッフについて】

6月22日のブログ
テレビの裏側全部暴露します【編集ではなく捏造】(TBSのバラエティ番組『ピラミッド・ダービー』に出演して。メンタリストDaiGoさんのやらせ疑惑も)で出演〜収録までの経緯を書いていますが、私が制作側に抗議するまでを実名で書くことで異常さが理解しやすいと思います。

2016年4月4日 12:52
ーーー
TBSテレビ 『ピラミッドダービー』
担当スタッフ:石井護(携帯:***-****-****)
所属:(株)ザ・ワークス
ーーー
から出演打診。

この時確認したわけではありませんが、話ぶりから石井氏がADだとわかりました。
で、その後の流れは【出演まで】を見ていただいて、収録前日の
4月14日(木)11時にディレクターの成田真司氏と電話で話して出演が確定。
4月15日(金)の収録日、私は番組制作サイドの誰からも名刺をもらっていません。
(成田氏からルール説明、石井氏は交通費精算時に挨拶のみで上記2名からも)

収録が終わって、控室が同じだったコーナー司会者のTBS品田亮太アナウンサーのほうから名刺交換に来てくれました。
この日、私が名刺をもらったのは品田アナだけなのです。

4月21日(木)私の紹介カットの撮影時に初めてADの石井護氏と名刺交換をしたところ、彼の所属は(株)ザ・ワークスではなく、「全力カンパニー」でザ・ワークスの下請けでした。
なお、ディレクターの成田真司氏は制作会社には所属しないフリーのディレクターと。

で、「出演料」についても石井氏を通して出演前から問い合わせしているものの石井氏が言う「プロデューサー」からは全然連絡がありません。

大阪ー東京の新幹線往復の交通費も出ているので「さすがにそれを下回ることはないだろう」と、後回しにしてたら、いつまで経っても連絡がこない。

当初、5月8日(日)の2時間30分SPでオンエア予定だったので、4月末で請求書を発行しようと4月27日にメールで連絡するも返事がなく、オンエアも延期になったので5月末の請求になってしまうけど連絡を待とうと。

が、なかなか放送がされず、4月の収録で放送日が延びているとはいえ5月末付けで請求書を発行しようと5月後半に石井氏に何度も電話を入れてました。
※テレビは放送があった月の翌月の振込が多い(翌々月もあれば、振込がなく催促して催促してやっと振込も。最近会った人の中には「支払いがなく踏み倒された」人もいました。その人は大学教授で「社会的地位のある人だから事を荒立てることはない」と高を括ってるのか…。)
『ピラミッド・ダービー』出演分はさすがに今月末(7月29日 金曜日)には振り込まれるとは思いますが…。

で、ようやく請求書の件で5月31日(火)に電話が。
留守電があり、こちらからかけると留守で、20時過ぎに再度電話がかかってきて、店を出て電話をしたので終わって店に戻ると乾杯用のビールの泡がなくなっていました。

ADの石井氏から「プロデューサーから電話」と聞いていたので私の第一声は「プロデューサーの方ですよね?」だったのですが、この電話の相手がG氏ことアシスタントプロデューサーの儀万由佳氏でした。

この時も社会人としての常識がない人だなというやりとりがあって(法人と個人の違いも知らず)、一般的なビジネスマンなら誰でもわかる基本的なことを説明しても理解できておらず、あまりにも無知で「この人ほんとにプロデューサー?」と。
あとからアシスタントプロデューサーだとわかりましたが、15年前だとADでも理解できるようなことも知らず…。

この時に請求書の宛先が「ザ・ワークス」の「ギマン」さんで漢字だと「儀万」であることがわかりました。

「儀万」という変わった名前で、『ピラミッド・ダービー』のWikipediaに儀万由佳とあったのでフルネームがわかったので、請求書もフルネームで5月末付けでお送りしました。

調べてみたらFacebookをやってらっしゃったので、友達申請して友達になってもらいました。
※儀万さんとは収録時に挨拶もしていないですし、電話では「また出ていただきたい」私も「また出たい」という会話をしていたので。

で、
6月19日の『ピラミッド・ダービー』で捏造放送があり、
6月22日のブログで告発し
6月23日にFacebookメッセンジャーで儀万氏に連絡。

今回の放送に関わっているザ・ワークスの人間については名刺交換もメールのやりとりもしておらず、メールアドレスすらわからなかったので。

その後は儀万氏から連絡のあったTBSプロデューサーと「番組ホームページでのお詫びと訂正」「番組内でのお詫びと訂正」のやりとりをしていたので、「番組内でのお詫びと訂正」がある2時間前の
7月17日(日)17:52にザ・ワークスのプロデューサー西原信行氏、アシスタントプロデューサー儀万由佳氏に連名で、今後の対応(話し合い)について連絡をしました。

今回の出演は下請け会社ADからの打診とはいえザ・ワークスからの依頼で、出演料の請求先もワークスさんで、私の窓口はワークスさんとなっているので、現段階ではワークスさんに責任追及するしか手段がありませんので。

なかなか返信が来ず、
7月20日(水)19:30に西原氏から返信が。

が、内容は私が指摘していた儀万氏と西原氏の食い違いについての事情説明のみで、あとは今後は発表されるであろう「BPOの審議結果をご報告」でと。
BPOが「管理体制の見直し、出演者への配慮をしっかり」と発表すればそれで終わると思っているのか?

いろいろ事情説明が書かれてありましたが、当事者意識がなくて他人事のようで、責任を感じているとは到底思えない内容でした。

プロデューサーの西原氏、アシスタントプロデューサーの儀万氏に連名でメールをしていて、西原氏から返信があったので儀万氏からはないと思っていたところメールを送って約1週間後の
7月23日(土)14:50に儀万氏からメールが。

今ごろ返事が来て何かと思ったら、私のメールに対する返事はなく別件のメールでした。
驚きました。
全く責任を感じていない。

謝罪の言葉だけあって、こちらの質問には答えず、質問とは全く関係のない伝言めいたものを一方的にしてきて。
これ、私が公開したらみなさんビックリしますよ。
知識がないだけならまだしも倫理観が完全に欠如している。
テレビ業界にいる人は(極々々々一部でこの人だけが特殊なのかもしれませんが)ここまで感覚が麻痺しているのかと。
人の言いなりで自ら考えて行動することができない人なんでしょう。
思考が停止しているとしか思えません。
この国は人間教育を徹底的にやり直さなければならないと思いました。


TBS『ピラミッド・ダービー』の異常性(2)
【スポンサーについて】

私が出演した
6月19日放送『ピラミッド・ダービー』の提供はこうでした。
P&G
小林製薬
キリンビール
アクサダイレクト
アース製薬
SUNTORY
楽天

7月17日放送『ピラミッド・ダービー』の提供はこうなっていました。
P&G
アース製薬
SAPPORO
小林製薬
Z-KAI

※詳しくはわかりませんが、キリンビール、アクサダイレクト、サントリー、楽天はスポンサーを降りたようですね。
P&G、小林製薬、アース製薬はスポンサーを継続していて、4社減った分、SAPPORO(サッポロビール)とZ-KAI(Z会通信教育/増進会出版)の2社がスポンサーに加わったようです。

評判を落とすだけなのに、P&G、小林製薬、アース製薬はそこまでしてスポンサーを続けたいんですかね?
今回の騒動で今まで見なかった人も見てくれてCM効果を期待して商売、商売?
新たにスポンサーになった企業は、ゴールデンの全国ネット枠のスポンサー枠が空いたからラッキーとか?

このままスポンサーが降りずに続くようだと東スポさんが懸念していた通りになるのか?

2016年02月10日 06時00分
ベッキー裏番組で「ほこ×たて」そっくり番組復活の波紋 東スポWeb
「『イッテQ!』の看板的存在だったベッキーがいない隙に、あえて問題視されてしまうような番組をぶつける可能性もある。“炎上マーケティング”というか…」と語った芸能プロ関係者の予想通りの展開です。

出演者である私まで捏造と放送による暴力で“炎上マーケティング”の一環として利用されていたとしたらテレビはもう殺人兵器ですね。

殺人兵器をスポンサードする企業があるというのも怖い世の中です。
日本人の感覚が根本的におかしくなっています。


TBS『ピラミッド・ダービー』の異常性(3)
【『ほこ×たて』(フジテレビ)との共通性について】

毎日新聞2016年7月8日22時59分の報道によると
BPO:TBS番組を審議入り 制作会社、以前も「違反」 - 毎日新聞

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は8日、TBSが「行き過ぎた編集があった」と謝罪したバラエティー番組「ピラミッド・ダービー」について審議入りすると発表した。
同委員会は、2年前に「重大な放送倫理違反があった」と意見したフジテレビのバラエティー番組「ほこ×たて」と、制作会社の中心メンバーが同じだったことを問題視。

とあります。

フジテレビの社員スタッフがTBSの番組を作るわけはありませんが、制作会社やスタッフはどれくらい同じかを調べてみました。
※共通している部分を赤で記しています。

『ほこ×たて』(フジテレビ)
構成:鈴木おさむ、堀江利幸、小林清人、安田聡太、酒井健作、若林愛美(厨子王取締役 兼 Zプラス代表取締役社長)
TP:高瀬義美
SW:藤本伸一
CAM:河野昌寿
AUD:松原瑞貴
VE:土井理沙
LD:本沢啓史
美術プロデューサー:豊田亮介
美術デザイン:斎田崇史
CGプロデューサー久保田幸
美術進行:鈴木真吾
CGディレクター:三塚篤
タイトルデザイン:千代祥子
撮影:水谷奨、才沢誠二、檀亮
広報:鈴木麻衣子
編集:吉田裕樹、斉藤紗矢香
MA:渡邉優久
音効:金子喜久夫
TK:星美香
デスク:渡辺美保
リサーチ:田中小百合、田中良典
FD;神田洋昭、雨宮雄太
AD:藤本俊介、芝隆一、村尾裕紀、横田哲平、末屋聡、佐伯祐理
AP:渡邊幸子、近藤岳志(厨子王)
ディレクター:加藤智章、石野浩史(厨子王)、並木哲也(厨子王)、間篠高行、川本賢一郎、丸山剛、平野隼人、松原裕、田中友洋、井上充(厨子王)長嶺望、白川誠
プロデューサー:藤村えりこ(厨子王)、桐谷太一(THE WORKS)、田兔‐次D:COMPLEX)、大川友也(フジテレビ)、岡村恭子(THE WORKS
VTR演出:鈴木浩晃、吉岡賢祐(厨子王)、松崎光洋、田村優介
スタジオ演出:布川英樹
チーフディレクター:西原信行(THE WORKS)
制作協力:厨子王THE WORKS、D:COMPLEX、SPIN GLASS、創輝
総合演出:石田昌浩(厨子王)
チーフプロデューサー:石川綾一
制作著作:フジテレビ

※このサイト【ドリルもハッカーも捏造!「ほこたて」次々暴露・フジテレビ、民放連から除名でW杯中継不可か】にあるものと若干違いますが、【やらせで打切り番組】の ほこ×たて の【スタッフ】を元に表記しました。


『ピラミッド・ダービー』(TBS)6月19日オンエア時のから
総合演出:石田昌浩
構成:小林清人安田聡太、ビル坂恵、竹越陸、河口ワタル
TM:近藤明人
TD:山田賢司
CAM:坂口司
VE:平子勝隆
MIX:渡邊学
LD:根岸朋之
美術プロデュース:山口智広
デザイン:斎藤傑、金子靖明
美術進行:羽田一成
装置:坂本進
操作:佐藤翔太
メカシステム:庄子泰広
電飾:住義仁
アクリル装飾:渡邊卓也
特殊小道具:相蘇敬介
特殊装置:高橋出
小道具:田村健治
衣装:岡崎貴子
持道具:岩本美徳
メイク:増田加奈
編集:太田健二
MA:松尾隆裕
データ放送:黒須威之
音効:金子喜久夫、森山顕仁(人)
TK:前場莉奈
協力:麒麟スタジオ(厨子王プループ)、K-WORK(厨子王プループ)
編成:岸田大輔
宣伝:眞鍋武、塩川篤史
デスク:石川素子
AD:若原誉起、兒井未祐、石井護、入一樹
AP:新貝元章、儀万由佳(THE WORKS)
ディレクター:井上整、成田真司、平野隼人(この回にはないがWikiには森田俊介(厨子王)吉岡賢祐(厨子王)井上充(厨子王)、篠崎友和、浅沼雄介、前川善郎、原慎吾、松崎秀峰、三枝賢史(厨子王)、新井孝輔、長嶺望、浦田裕貴、齋藤裕弘、望月亮(厨子王)
MP:江藤俊久
演出:前川コーファン(この回にはないがWikiには山野辺聖勝(厨子王)石野浩史(厨子王)平野隼人
プロデューサー:福田健太郎、林はる佳(厨子王)、西原信行(THE WORKS)、鈴木美枝子、近藤岳志(厨子王 Zプラス出向中)、升田久美
制作協力:ジープラス(Zプラス 厨子王グループ)、No.b
製作著作:TBS

パイロット版(2015年12月26日 14:00-15:24)
ディレクター:森田俊介(厨子王)、井上充(厨子王)
演出:山野辺聖勝(厨子王)
プロデューサー:若林愛美(厨子王取締役 兼 Zプラス代表取締役社長)
総合演出:石田昌浩(厨子王代表取締役社長)
製作著作:スワン(厨子王プループ 代表取締役 山野辺聖勝)、TBS

いかがでしょうか?
恐ろしくないですか?この共通性。
ディレクター以上の番組制作スタッフはほぼ同じと言っていいです。
いや、『ほこ×たて』グループがさらに拡大して『ピラミッド・ダービー』を作っています。

TBSが「演出の一環」とごまかし謝罪も…『ピラミッド・ダービー』ヤラセは『ほこ×たて』と同一犯だった!|LITERA/リテラ
とありますが、トップの総合演出だけでなくここまで企業ぐるみ(制作会社ぐるみ)で同じ捏造事件を起こしてるんですよ!


『ピラミッド・ダービー』は、人気番組で知名度も高かった『ほこたて』(フジテレビ)と違って注目度は低いですが、今の日本のテレビではこんなことが起こっているのです。

BPO(放送倫理・番組向上機構)が7月11日に審議入りを正式発表した(出演者の映像を本人の了解なしに消去したTBSテレビの『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』について討議し、審議入りを決定
を受けて、
フジテレビ『ほこ×たて』「ラジコンカー対決」 に関する意見
の「2014年4月1日 第20号委員会決定」を読んで、BOPの審議予測はある程度つきますが、どうもテレビ業界の関係者はみなこの問題を軽く考えているようです。

この問題を通してテレビ、いやテレビ業界がわかってきましたが、テレビの闇には本当に驚きますよ。

ここまできたら自分は暴露芸人になってもいいと思っています。

自分でできることは自分でやります。

テレビ(マスメディア)から抹殺されても私は死なない。

1人でもできることをやる。真実を発信する。
最終的には全部公表しようと思います。

まだ出していない話もあるので場合によってはそれも全部暴露させていただきます。
(オンエア後の話で)

真実が明るみになればなるほど、都合の悪い人もいるでしょうが「嘘・捏造・暴力」は絶対に許しません!

『ピラミッド・ダービー』の告発からの経緯はここにまとめています。
池袋絵意知 Facebook【TBS『ピラミッド・ダービー』捏造問題】
基本的に時系列に沿っていますが、記事は見つけたタイミングで投稿しています。

『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

スマホモバイル占い【人相姓名探偵◆池袋絵意知】

PC占い【≪占界の革命者・池袋絵意知≫運命観相術】(Yahoo!占い)

スマホアプリ『あっと驚く性格分析 あなたの人間鑑定書』
■iPhone/App Store
■Android/Google Play

スマホアプリ【凄絶的中にTV番組パニック! 池袋絵意知・運命観相占い】
■Android/Google Play

携帯占い『顔面恋愛術・顔面仕事術』

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| ニュース・時事問題 | 23:39 | - | - | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ スポンサーリンク
+ 最新記事
+ プロフィール
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ 著書・関連書籍




池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

辛酸 なめ子
辛酸なめ子さんと対談。
[特別対談]
セレブに学ぶ開運フェイス



双葉社
「観相学のプロに聞いた!タイプ別ヒゲメンGET術」監修。
+ ARCHIVES
+ OTHERS
+ スポンサーリンク
+ スポンサーリンク
+ スポンサーリンク
このページの先頭へ