顔相鑑定士・顔研究家・顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ

<< 中島卓偉「TAKUI NAKAJIMA SUMMER LIVE 2016 THANK YOU ROCK’N ROLL!!!!」東名阪ツアーファイナル@JANUS | main | 【山城国】一宮 上賀茂神社(賀茂別雷神社)に参拝。 >>
化粧文化研究者ネットワーク第40回研究会@シャレコーベミュージアム
9月11日(日)は化粧文化研究者ネットワーク第40回研究会で兵庫県尼崎市のシャレコーべミュージアムへ。

今回は記念すべき第40回目です。

世界初の頭蓋骨博物館。



後ろが正面!いや、正面は後ろ!

後から前からシャレコーべ!


なぜ化粧文化研究者ネットワークでシャレコーベか?

メイクの下の素肌の下の皮の下の肉のその下の頭蓋骨の文化に触れることも化粧文化の研究?
人間が死んだあと最後に残る姿が骸骨であり最後に残る顔が頭蓋骨。頭蓋骨に肉や皮で化粧を施したのが私たちの顔?


トイレのドアには、男性と女性の額(前頭骨)の角度の違いを示す図が。

XY(男性)斜めに
XX(女性)ほぼ垂直に

まずは館内の見学。
館長の河本圭司先生が世界中から集めたシャレコウベのコレクションが展示されたミュージアム。
ミュージアムは3階建てで、
1階:“生活”展、
2階:“子供の世界”展、“置物”展、“海賊”展、“世界の文化−1”展
3階:“世界の文化―2”展“人類考古学、頭蓋骨学”展、“美術品”展
と、代表的なスカルグッズを展示。


見る角度によって頭蓋骨になるモナリザの絵、レディー・ガガが愛したマスク(頭蓋骨デザイン)、エイリアンの頭蓋骨(もちろん本物ではないけど)、
赤いシャレコーベ(弥生ー古墳時代、死ぬ前に水銀をふりかけた、生き返らせるためか?、まだ考古学の謎)、
ガイコツが守り神の国/ヒマラヤ周辺の国(ネパール、ラダック、ブータン)、インドネシアのお面や芸術品、
変形頭蓋骨(インカ文明の時代に幼児の頃から頭に縄、板で締め付けて頭を人工的に変形させた。※知能等、脳の機能に影響はないとのこと)、幼児の頭蓋骨(まだ大泉門が開いている)などなど数多くの展示からいろんなことを感じ、考えることができました。


館長の似顔絵(半分は骸骨)
フランス・モンマルイトの丘で

見学後は講義。

シャレコーベから見た人類の進化
シャレコーベミュージアム館長
関西医科大学名誉教授 河本圭司先生

「頭蓋骨学」→館長が命名
「シャレコーベ学」

シャレコーベは、頭蓋骨が風雨にさらされることによってできる。
「さらされたコウベ」で「シャレコーベ」に。※白くなった頭蓋骨。

『解体新書』1734
にある「神経」という言葉は造語(漢字でこう表現した)
漢字の話「脳」と「悩」
右側の旁(つくり)の部分は「ツ」が「髪」、「凶」が「頭蓋骨」の象形文字。

人類はアフリカ起源
700万年前に猿と分かれた。
黒人はネイティブ(元の人)

ホモサピエンスは700万年前のサラヘントロプスから頭蓋骨が3倍に。
だが、「これ以上は大きくはならない」と館長は予測。
前頭葉が発達するために頭蓋骨が大きくなった。
100万年後は?
しかし、これ以上、大きくなる必要はない。
なぜなら、コンピュータがやってくれるから。

※人工知能(AI)の話が身近になってきた昨今、納得のお話でした。


約1万8000年前に日本人の祖先 港川人
スーランド→沖縄→九州→本州・北海道

ヒトの起源の謎
「創造論」「進化論」

※私の個人的な考えでは「折衷論」ですね。
「進化論」だけでは説明できない部分があると思います。


ネアンデルタール人の謎
ドイツのデュッセルドルフ
目の上が出っ張った特徴的な顔
力がある
DNAを見ると絶滅
死んだ人を埋葬する優しい心がある
優しい心→人間の特徴
ネアンデルタール人はクロマニョン人に滅ぼされた。
現代人(ヒト/現代型ホモ・サピエンス)は争う(戦争は終わらない)DNAを持っているのでは?
※クロマニョン人がコーカソイドの直接の祖先である可能性が高いことを考えるとこの説を支持せざるを得ません。

頭蓋骨を描いた画家
ミケランジェロ、ダビンチ、グレコ、セザンヌ、ダリ、ゴッポ、ゴーギャン
河鍋暁斎、葛飾北斎、円山応挙


頭蓋骨の解剖学
宝塚医療大学教授 張建華先生

頭蓋骨の構成
頭脳蓋と顔面頭蓋:15種類、23個の頭蓋骨で構成
左右に2つずつある骨、中心部に1つある骨

頭蓋骨は大きすぎて産道を通らないから23個の骨を重ねて通る。

脳は、頭頂部分は感覚、側頭部分は記憶


本物の頭蓋骨を手にして神経の通る穴なども確認することができました。


討議では、2012年に顔学会初代会長で人類学者の香原志勢先生に質問させていただいた「30代と40代では40代のほうが頭が大きくなったように感じる」→「「そうじゃないんです。頭蓋骨のつなぎ目の“縫合線(ほうごうせん)”によって形が変わるんです。大きくなった部分があるぶん、他のところが小さくなるんです。」という話を紹介させていただきました。

化粧文化研究者ネットワーク代表の北山晴一先生(立教大学名誉教授)からは、「自信がついたから大きくなったと感じたんじゃないの?」というお言葉をいただきました。また、「45歳から55歳が1番仕事ができる時」とも。

化粧文化研究者ネットワークは、2019年3月に50回の研究会となる予定です。
私もまだ、現役バリバリですね!


頭蓋骨を通して人間を考えるいい機会になりました。
みなさま、ありがとうございました!

懇親会では三橋順子先生と米澤泉先生から江戸と京都の街の構成(地名)の歴史など、とても面白い話を聞かせていただきました。





シャレコーべミュージアムは毎週日曜日予約なしオープン。
詳しくはこちら!
http://skull-museum.jp/



懇親会の時に、別のテーブルから聞こえてきた張建華先生の「東洋医学」という言葉から「やっぱり中国人は現代医学/西洋医学の先生であっても東洋医学も学んでらっしゃるんだ」とわかり、「なら(東洋哲学とも言える)観相学にも理解があるはず」とご挨拶をさせていただいたところ、「(シャレコーベ ミュージアムには)骨相学(西洋顔相学の一種か?)の資料もありますよ。見ましたか?」と教えていただきました。

隅から隅まで見たつもりでいたけど、見逃していましたね。
骨相学を見に、またシャレコーべミュージアムに行かなければなりません!


つづく…


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。

| 顔学・顔・表情 | 21:26 | - | - | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ 最新記事
+ プロフィール
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ 著書・関連書籍




池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

辛酸 なめ子
辛酸なめ子さんと対談。
[特別対談]
セレブに学ぶ開運フェイス



双葉社
「観相学のプロに聞いた!タイプ別ヒゲメンGET術」監修。
+ ARCHIVES
+ OTHERS
このページの先頭へ