顔相鑑定士・顔研究家・顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ

<< 天才ヴァイオリニスト小西真央 東名奈ツアー「2017 Trio Pyxis」開催! | main | 男目線で涙袋はありorなし?専門家が教える、本当のモテ顔ってこんな感じ!@Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー) >>
シャレコーベミュージアム「第3回スカル絵画展」で4月2日(日)に講演をおこないます。
昨年9月11日(日)の化粧文化研究者ネットワーク第40回研究会でお世話になり、
10月30日(日)にも「第5回ハロウイーンフェステバル」で訪れた兵庫県尼崎市のシャレコーべミュージアムで4月2日、9日、16日、23日(日)に「第3回 スカル絵画展」が開催されます。







世界最大のスカル絵画、スカル解剖の絵画などの展示のほか、
4月2日(日)はイベントデーで、私も午後2時からの「ミニ講演」でお話させていただくことになりました。

【観相学、骨相学、そして「顔学」とは何か?】
観相家、顔研究家、顔面評論家 池袋絵意知


私たち人間は、相手がどんな人なのか無意識のうちに顔から判断します。この「顔から相手を読む」ことは洋の東西を問わず、古くから研究されてきました。西洋では、古代ギリシアのアリストテレスから、ルネサンスのレオナルド・ダ・ヴィンチまで「観相学」の研究をしていました。19世紀にはフランスで「骨相学会」が設立。その後、非科学的として、科学者は顔の研究を避けてきた…。
ところが現代になって、顔を学際的に研究する「日本顔学会」が設立されました。それは何故なのか?顔研究の歴史を振り返りながら「顔」について考えてみたいと思います。


と、“シャレコーベミュージアム”での「スカル“絵画展”」ということで、“骨相学”や“ダ・ヴィンチ”の話など顔研究の歴史を振り返りつつ、「顔学」の基本から、最新の「顔学」の課題までをお話させていただく予定です。

4月2日(日)の「ミニ講演」は他にも、

馬場章夫氏 (ラジオパーソナリティ)による【-71.2°C,世界一極寒の村(サハ共和国)取材ドキュメント】

矢山和宏氏(監察医)による【白骨死体の鑑定】

シャレコーベミュージアム河本圭司館長(関西医科大学 名誉教授)による【スカル絵画:解剖からアート】

と、他では聞けないお話が!

世界初の頭蓋骨博物館・シャレコーベミュージアムでは館長の7,000点以上のコレクションから世界各国の芸術品やグッズが展示されているので見ているだけで楽しめます。

面白くてためになって文化と科学とアートに触れて、命の大切さを感じる特別な日になることでしょう。

『月刊てりとりぃ』【大阪から池袋絵意知です!(24)】「尼崎は大阪か?」でも書いたように、尼崎はほぼ大阪で大阪(梅田・難波)からも神戸からも京都からも奈良からも、そして東京や九州からもアクセスが便利です。

シャレコーべミュージアムの場所は、
兵庫県尼崎市浜田町5−49
JR立花駅から徒歩15分※タクシーで6分
阪神電車:尼崎センタープール駅から徒歩15分※タクシーで5分 


お車の場合
国道2号線 河本歯科隣
尼崎南署西分庁舎から東100m
自動車: 名神・尼崎ICから15分
阪神高速・尼崎東出口から15分
※駐車場は館内にはございませんので、近くの有料駐車場をご利用ください。


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| 講演 | 14:21 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ 最新記事
+ プロフィール
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ 著書・関連書籍




池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

辛酸 なめ子
辛酸なめ子さんと対談。
[特別対談]
セレブに学ぶ開運フェイス



双葉社
「観相学のプロに聞いた!タイプ別ヒゲメンGET術」監修。
+ ARCHIVES
+ OTHERS
このページの先頭へ