顔相鑑定士・顔研究家・顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ

<< 「今週の有名人顔相鑑定」は俳優の山本太郎さんです。 | main | 「今週の有名人顔相鑑定」は芦田愛菜(あしだまな)さん(6才)です。 >>
原島博先生個人講演会 HC塾
先週の土曜日、6月11日は原島先生の個人講演会(HC塾※仮称)へ行ってきました。

講演テーマ:「改めて情報メディアの時代を考える」の第一回目。

最初は先生の生い立ちやこれまでの研究の話が中心ということで

原島博教授 最終講義「メディアルネッサンスの時代を生きる」

原島博教授の東京大学情報学環特別講演会「人の環、学びの環、夢の環」

と内容が被ることが多いと思いましたが、あれから2年が経ち、

人間の生き方、価値観を変えなければならない時代であることがハッキリした今、
原島先生が何を考えてらっしゃるか?
先生がヨーロッパ中世の旅で感じられたことは何なのか?

を知りたくて参加させていただきました。

まず、仮称(?)となっているHC塾について。

ヒューマンコミュニケーション塾(Human Communication)
原島私塾(Harashima Centered ※であっていると思います。)

などなどの意味でつけた。

「原島塾で単にH塾(エッチ塾)とすると…(笑)」
とさっそく笑いを入れてきた原島先生。

池袋絵意知(H)と言う名前にしている私は「出オチ」ってところでしょうか(笑)

※ちなみにヒューマンコミュニケーションは和製英語だそうです。


先生のお話の中で、
人間、顔、コミュニケーションについて印象に残ったことをピックアップします。

研究者というのはその道一筋でやってきたはずだと思われる。
顔学の研究をやっていると顔学一筋だと思われる。

「人が好き」だから、ヒューマンコミュニケーション科学へ。

自然の流れで研究テーマがヒューマンのほうになった。
(ということでしたが「少年時代の影響があるのでは?」と思いました。)

顔学は人間学そのものでありコミュニケーション科学である。


講演後の質疑応答では、
参加者の「コミュニケーション能力アップのためには?」という質問に対して、
「コミュニケーションは場数を踏むのが一番。」と。

大山倍達先生座右の銘から拝借すると、
武の道において真の極意は体験にあり、よって体験を恐れるべからず。
ということですね。

過去の先生の講演には100人以上、多いときは500〜600人もの聴講者がいた中、
今回は私塾の第1回ということで先生の関係者のみに案内していたこともあり、ある意味、厳選された聴講者が集まりました。

講演もコミュニケーションであることを考えると、1対百や1対五百とは違う、この空間だからこそ得られる経験ができました。

先生が何人かの参加者を紹介する中にいらしたのが、
日本顔学会の新しいニューズレター44号のナウ・ザ・フェイスで紹介されていたCGアーティストで東京大学情報学環教授の河口洋一郎先生。

河口先生は、男性としての「世界最長寿人物」として記録されている泉重千代さんのエピソードを紹介。
「泉重千代さんは毎日、日の出の朝日を浴び、日没の夕日を浴びた。そして毎日、焼酎を飲んでいた。」

これを聞いて、
講演中に「先生はイタリアで日焼けしたことで健康的になられたな」と感じていたことが結びつきました。

人間は日光に当たることで、顔も人間そのものも健康的に人間的になる。健全、健善になる。

私も室内にこもってばかりいないで、もっと太陽の光、お天道様の恵みを受けるようにしなければ。


日本顔学会の先生方も何人か参加されていましたが、おそらく大学関係者以外では一番原島先生の講演を聴いている人ということで私も紹介されました。

せっかく紹介していただいたので、本当はこのブログで書こうと思ってた“先生へのお願い”を、いち原島先生ファンとして皆さんの前でしてみたところ、

原島先生の答えは、哲学的、ダ・ヴィンチ科学的なものでした。

私が何をお願いし、先生がどう答えたかは、会場にいた人だけの特典ということでブログでは封印します。


その後、第一回目ということで、簡単な懇親会。

河口洋一郎先生は明るく豪快な方で、
いかにもアーティストらしく、いかにも鹿児島人(薩摩人)らしい方でした。

改めて日本顔学会ニューズレター44号を見てみると
「5億年前のカンブリア期に遡って、さらに5億年後を見据えたものをつくりたい」
とありました。

スケールが違いますね。

実際にお話を伺ってみても、
発想のスケールが違うと“今、起きていること”の捉え方が全然違ってくる。
と思いました。

今の日本人、そして地球人は変革が求められています。

原島先生は講演で「語り部になりたい」とおっしゃっていました。

私も「原島先生の語り部」になろうと思います。

原島先生が後になって評価される前に私が書いておきます。
※すでに先生は評価されている方で、先生ご自身は「評価」という言葉が嫌いですが…。

たとえ人類滅亡の危機にさらされようとも、地球初の科学プロデューサー、地球初の研究プロデューサーとして原島博という名前がこの宇宙に口承されてゆくことだろう。


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)はこちら

携帯公式サイト『顔面恋愛術・顔面仕事術』はこちら

「対面パーソナル鑑定&カウンセリング」はこちら

Facebook
http://www.facebook.com/ikebukuroh


メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| 人間関係・コミュニケーション | 15:00 | - | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ 最新記事
+ プロフィール
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ 著書・関連書籍




池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

辛酸 なめ子
辛酸なめ子さんと対談。
[特別対談]
セレブに学ぶ開運フェイス



双葉社
「観相学のプロに聞いた!タイプ別ヒゲメンGET術」監修。
+ ARCHIVES
+ OTHERS
このページの先頭へ