顔相鑑定士・顔研究家・顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ

<< 光明池サンピア 珈琲舎 都麗美(とれび)のビーフシチューセット | main | 道頓堀ホテル顔柱伝説ストラップをゲット!!! >>
似顔絵フォーラムin堺2012「NIGAOEを堺から世界へ」
本日2月17日(金)は堺市役所で開催された似顔絵フォーラムin堺2012「NIGAOEを堺から世界へ」に行ってきました。

120217_132604.jpg

14時からのフォーラムの前に、堺市役所「高層館1Fロビー」で似顔絵を描いてもらおうと1時間前に行ったのですが、大盛況で2時間待ちとのことだったので断念。

120217_132940.jpg

120217_133627.jpg


似顔絵ブースで有名人の似顔絵だけを見て、フォーラムの会場となっている堺市役所本館1F大会議室へ。

nigaoe-sakai1.jpg

nigaoe-sakai2.jpg

nigaoe-sakai3.jpg

会場に入ると、日本顔学会のフォーラム顔学でお会いしたことのある大阪在住の似顔絵アーティストの方がいらしたのでご挨拶。

会場は平日の昼間にも関わらず、100人以上の方が集まっていました。


まずは、大阪府立大学学長の奥野武俊先生からごあいさつ。
120217_135718.jpg
チラシの左側の方です。(右は堺市の竹山市長)

【対談「NIGAOE 芸術の可能性 -NIGAOEフェスティバルの報告と今後の展開-】

2011年度似顔絵世界大会優勝の田畑伴和さん(似顔絵アーティスト)
ISCA日本支部役員の高橋悦子さん(似顔絵アーティスト)※日本顔学会のセミナー常連さんです。
大阪府立大学観光産業戦略研究所教授の橋爪紳也先生。

昨年、大阪で開催された『ISCA Minicon in Osaka 2011〜NIGAOE(にがおえ)祭〜』の報告では、日本顔学会の原島博先生の講演があったというお話も。
【HC塾 第2回「大震災について思うことーその教訓を未来へつなげるためにー」】の中程で少し書いています。)

田畑伴和さんは普段は東京タワーで似顔絵を描いていて、世界で20人しかいない似顔絵マスターのうちの1人。
※リンク先の似顔絵を見たら世界大会優勝も納得!!!

昨年のISCA(The International Society of Caricaturist Artists)世界大会ではベスト10のうち日本人が6人も入ったとのこと。

橋爪紳也先生からは官公庁で似顔絵イベントをサポートしたのは堺市が初めてという説明があり、「堺を似顔絵文化の中心に!」という決意表明が!

似顔絵のルーツは鳥羽絵や浮世絵の美人画・役者絵にあり、写楽の絵などは当時はブロマイド代わりだった。
近年は漫画やアニメの影響も受けて日本独自の発展を遂げた。(シンプルなデフォルメが特徴)

いっぽう、西欧の戯画(カリカチュア)は肖像画を引き伸ばした感じ。

西洋のカリカチュアはエジプトがルーツで、日本の似顔絵のルーツは中国の版画。

カリカチュアと似顔絵の違いは、実際のアニメ(コミック)のキャラクターで比較することでとてもわかりやすかったです。

似顔絵がカリカチュアに影響を与えていることは、日本人が多数入賞していることからもわかる。
似顔絵(NIGAOE)は日本固有の文化として、海外からも認められている。

昨年、東京タワーで『今年の顔展』が開催された。※「今年の漢字」の似顔絵版のようなもの。

ちなみに2011年の顔は、1位・芦田愛菜さん、2位・なでしこJAPANだった。

詳しくはこちらを
今年の顔展 2011 in TOKYO TOWER 公式ウェブサイト

今後の展開としは、

・似顔絵ミュージアム
・似顔絵教室
・似顔絵名刺
・似顔絵電車
・似顔絵学の確立

といったお話が。

イギリスにはカリカチュアミュージアムがあるそうで、堺に似顔絵ミュージアムを!

京都精華大学にはマンガ学部があり、京都国際マンガミュージアムもある(京都市と京都精華大学による日本初のマンガ博物館・図書館)。

大阪府立大学に似顔絵学部が誕生し、堺市に似顔絵ミュージアムが開設されるかも???

【パネルディスカッション「似顔絵セラピーの可能性」】

村岡ケンイチさん(似顔絵セラピスト)
川出英行さん(愛知厚生連 海南病院 臨床心理士)
大阪府立大学観光産業戦略研究所教授の橋爪紳也先生。

村岡ケンイチさんが紙芝居形式で似顔絵セラピーとは何かを解説。

とても心温まるお話でした。

「似顔絵セラピー」「元気がでる似顔絵」という言葉を聞いて、かづきれいこ先生の講演を思い出しました。

確かそのようなタイトルの先生の著書も読ませていただいたと思っていたら、『メイク・セラピー』(筑摩書房)と『私を元気にするメイク』(筑摩書房)を読んでいました。

「似顔絵」「メイク」と同じように「占いセラピーの可能性も?」と思ったんですが、
占いは「占いセラピー」とつけなくても、もともとセラピーの要素が多いものですよね。



お話の中で特に印象に残ったのは「相手のいいところを見る」「全肯定する」という言葉。

顔に限らず、人間関係はこれに尽きると思うのです。

そうすることによって、患者さんは心を開いてくれるということでした。

「似顔絵セラピー」で描く似顔絵として意識しているのが、「笑顔を描く」「下絵は薄くして勢いのある線で描くことで躍動感のある絵になる「色は黄色、暖色系をベースに」というお話でした。

そういえばカラーセラピーというものもありますし、色っていうのはとても大事ですね。

私のヘアメイクや表情のアドバイスにも活かしていきたいと思います。


川出英行さんからは「似顔絵セラピーのもたらす気分の変化」について。

心理検査POMS(ポムス)(※「緊張」「抑うつ」「怒り」「活気」「疲労」「混乱」の6つの尺度から気分や感情の状態を測定)で、活気のみ上がって他は全て数値が下がったそうです。

似顔絵セラピーは受け手のみならず、その場を共有する人に対しても気分を良い方向にする。


「似顔絵セラピー」は今後も開催の病院や施設を増やしていきたいとのことでした。
詳しくはこちらを
似顔絵セラピー

市立堺病院新病院が近い将来開院するそうなので、堺市でも「似顔絵セラピー」が開催されることを祈っています。

こちらは昨年の『ISCA Minicon in Osaka 2011〜NIGAOE(にがおえ)祭〜』のポストカード。
120217_135856.jpg

堺市役所高層館です。
120217_174252.jpg

私も堺市から似顔絵の楽しさと顔の楽しさを世界に発信していきたいと思っています!!!

『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)はこちら

携帯公式サイト『顔面恋愛術・顔面仕事術』はこちら

「開運顔相占い(対面パーソナル鑑定&カウンセリング)」はこちら
(携帯電話の方はこちら)

Facebook
http://www.facebook.com/ikebukuroh


メールはこちら
大切に読ませて頂きます。

| アート・デザイン・似顔絵 | 23:55 | - | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ 最新記事
+ プロフィール
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ 著書・関連書籍




池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

辛酸 なめ子
辛酸なめ子さんと対談。
[特別対談]
セレブに学ぶ開運フェイス



双葉社
「観相学のプロに聞いた!タイプ別ヒゲメンGET術」監修。
+ ARCHIVES
+ OTHERS
このページの先頭へ