顔相鑑定士・顔研究家・顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ

<< 初めて大阪城天守閣の展望台に上りました! | main | [連載]『顔相学で見る、あの人のホントノトコロ』第46回は「フジ退社の高橋真麻の“鼻”から今後を予想! 目指すは歌手、“女・北島三郎”!!」 >>
第21回 ABCフレッシュ・コンサート@ザ・シンフォニーホール
2月10日(日)はザ・シンフォニーホールで開催された「第21回 ABCフレッシュ・コンサート」へ。

『月刊てりとりぃ』【大阪から池袋絵意知です!(4)】「クラシックバンク」
で書いた「りそな銀行が開催してるクラシック音楽コンサート」は、NPO法人ABC音楽振興会の共催ということで、このコンサートもとても楽しみにしていました。

【大阪から池袋絵意知です!(4)】「クラシックバンク」については、近々『週刊てりとりぃ』の「てりとりぃアーカイヴ」に掲載される予定です。そのタイミングで今までの「クラシックバンク」もブログで振り返ってみようと思っています。

今回のコンサートは、昨年6月23日(土)に開催された「第21回ABC新人コンサート」で「最優秀音楽賞」に選ばれた、ピアノ部門 石井敏貴さん、ヴァイオリン部門 福田悠一郎さんの2名が、飯森範親さんが指揮のもと、オーケストラ(日本センチュリーズ交響楽団)と共演するコンサート。

昨年6月の「ABC新人コンサート」もザ・シンフォニーホールでの開催で、この時、初めてホールを訪れたのですが、とても美しい会場で、1度、前のほうで見てみたいと思っておりました。

見てください!
日本初のクラシックコンサート専用ホール「ザ・シンフォニーホール」を!


で、今回はいい席が取りたくて、直接電話してチケットを購入。

座席数1704のこのホールの最前列ど真ん中の席(カメラ席の隣)をゲット!

ABCチケット.JPG

音的には全体の真ん中あたりがいいのかもしれませんが、私の場合は顔を見るのも大事なので!


並木道の間を太陽の光が射し込んでいて、歩を進めるごとに近くなるザ・シンフォニーホール。
シンフォニーホール1.JPG

シンフォニーホール2.JPG

シンフォニーホール3.JPG

演奏の前からワクワクする気持ちが高まります。

ちなみに昨年6月の写真はこちらで、緑の量が違います。
シンフォニーホール201206.JPG

ここはすっごくいい気が漂っています!

いわゆるパワースポットなので、みなさんもコンサートを見に訪れてみてください。

シンフォニーホール4.JPG

ホールに入りました。
シンフォニーホール5.JPG

そして、いよいよ、自分の席に。

目と鼻の先、目の前に指揮者台があります!
シンフォニーホール6.JPG

私の席から1メートルも離れていません。

オーケストラが続々と入ってくる瞬間の、演奏者のなんとも言えない表情。

指揮者の飯森範親さんは、昨年6月の「第21回ABC新人コンサート」で審査員を務めた時とは別人のようでした。
風貌が香港の俳優で映画監督の周星馳(チャウ・シンチー)に似ているのですが、映画内でいろんな顔を演じる周星馳と同じように、“世界的指揮者・飯森範親”として光を放っていて、お顔だけでなく、姿勢、動き、全てが美しかった!


最初のプログラムは、
ワーグナー:ジークフリート牧歌


演奏が始まる前の演奏者同士のアイコンタクト。


首を左右少し動かして見える視界で、10人ほどの顔が至近距離で見えたのですが、楽譜を見て指揮者を見てを繰り返す人、自分の演奏がない時にそっと目を閉じる人、リズムに合わせて表情をコロコロ変える人…1番前の中央の席ではないと見れない貴重な顔の数々を見ました。

ただ、正面を向いていると、ずっと指揮者の飯森範親さんのお尻を見ることになるのですが…(^_^;)

たまに見える飯森範親さんの横顔が本当に美しかったです。

で、演奏中に思ったのですが、指揮者は演奏者と楽器に気を送っていると。

「身体全体から発せられる“気”の力で、演奏者と楽器を動かしている」そんな風に思いました。


いよいよ本日の主役の1人、ピアニスト石井敏貴さんの登場!

リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調


オーケストラもピアノコンチェルトの配置になって、私の目の前にドーンとピアノが。

指揮者はピアノとオーケストラの間に入っていました。

目の前にピアノがあるから足の動きまでハッキリ見えるのです。

私の目の高さのすぐ上にピアノがあるので、音がピアノの下から聞こえてくるようでした。

私の席だとピアノに近すぎるため、身体を少し左に傾けないとピアニストの顔は見えません。

しかし、正面を向いていても顔が見えるのです。

高い音を弾く時は顔が客席寄りに動くので横顔がよく見えるのです。


恍惚の表情だったり、悲しげで泣きそうな顔だったり、曲に入り込んだ石井敏貴さんの顔が最高でした。

昨年6月に2階席の後ろのほうからでも美少年だとわかった石井敏貴さんの顔。

間近で見たらヒゲが全く生えてなくて、漫画の世界にしか存在しないような美少年顔でした。

その石井敏貴さんの美しい顔に汗の玉がすーっと落ちる。

私の目から彼の顔まで直線距離で3メートも無いですよ!

2メートル数十センチの至近距離でこの美しいシーンは劇的すぎました!

美少年好きの女性なら、あまりの美しさに倒れていたでしょう。

私の左5席分はカメラ席として使用しているので、私にしか見ることができない本当に貴重で贅沢な顔を見ることができました。



休憩を挟んで、
本日のもう1人の主役、ヴァイオリニスト福田悠一郎さんの登場!

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26


また私の正面に指揮者台で、その左に福田悠一郎さんが。

目をつぶって聴いても、
1番前の福田悠一郎さんのヴァイオリンの音色だけが特別でハッキリ認識できました。

視覚を使わず聴覚だけで「ここに人がいてヴァイオリンを弾いている」「ここから音が聞こえる」というこいれまた贅沢なヴァイオリンの音色に魂が吸い込まれるような感覚がしました。

ピアノの石井敏貴さんは一滴の汗でしたが、
福田悠一郎さんにも汗がと思っていたら、また汗が、また汗が…。

ステージはライトで照らされているので熱いのもあれば、緊張もあるのかな?
と思っていたのですが、もしかしたら風邪だったのかもしれません。

ハンドタオルで何度も汗をぬぐっていました。

そして、演奏中に聞こえる福田悠一郎さんの息継ぎ(呼吸・鼻息)。
リアリティがありすぎました。

私の左側は隣の5席とその後ろを合わせて10席ちょっとカメラ席として使ってるから、前のほうの席10人くらいにしか聞こえなかったと思うのですが、鬼気迫るというか、極限状態の人間の姿にどんどん引き込まれていきました。

福田悠一郎さんは全身全霊で弾いている。
「この演奏が終わったら倒れてしまうのでは?」と思うほどで、最後まで弾き終えた姿には感動しました。


メインの2人と日本センチュリーズ交響楽団の共演が終わり、
飯森範親さんが指揮のもと日本センチュリーズ交響楽団の演奏に。

ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲 変ロ長調 作品56a

左1番前の小太りのヴァイオリン男性(コンサートマスター)が良かったです。

椅子から飛び上がらんばかりの勢いで弾いてました!
曲の1番激しいところでは半立ちになってました(^_^;)

アンコールは、ハンガリアンダンスの1番


最後に主役の2人がステージに上がって挨拶するシーンは、映画のワンシーンを現実で見ているような不思議な美しさ。

あの大観衆の拍手とライトで光る晴れ晴れとした満足げな顔。

大きなスクリーンで音楽映画を見ていて、その見ている自分も映画の中にいるような不思議な感覚でした。

会場全体の拍手の音を私自身も背中で受けていたからかもしれません。


ザ・シンフォニーホールという素晴らしいコンサートホール、
石井敏貴さん、福田悠一郎さん、飯森範親さん、日本センチュリーズ交響楽団の素晴らしい演奏、
それを最前列のど真ん中で聴く、見るという経験は、今までの人生で味わったことのない貴重な体験でした。

演奏者の皆さん、ありがとうございました!


また、この席を経験したい気持ちもありますが、来年はパイプオルガンの下のステージに1番近い席から、指揮者の顔を見てみたいとも思いました。


「第21回 ABCフレッシュ・コンサート」は、
朝日放送テレビにて3月16日(土)01:34〜(3/15 深夜)放送されます。

近畿地方にお住まいの方は、ぜひ、石井敏貴さん、福田悠一郎さん、飯森範親さんのお顔とともに演奏をお楽しみください。

※放送日はまだ未定ですが、CSテレビの(スカイA)でも放送されるようなので、近畿地方以外の方もぜひチェックを!

また、ラジオでは朝日放送ラジオ(1008 KHz)にて3月3日(日)と3月10(日)の「ザ・シンフォニーホール・アワー」07:15〜07:55で放送されます。


飯森範親オフィシャルサイト


関西クラシック音楽情報 特定非営利活動法人ABC音楽振興会



『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)はこちら

携帯公式サイト『顔面恋愛術・顔面仕事術』はこちら

「開運顔相占い(対面パーソナル鑑定&カウンセリング)」はこちら
(携帯電話の方はこちら)

Facebook
http://www.facebook.com/ikebukuroh


メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| イベント(音楽ライブ等) | 23:24 | - | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ スポンサーリンク
+ 最新記事
+ プロフィール
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ 著書・関連書籍




池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

辛酸 なめ子
辛酸なめ子さんと対談。
[特別対談]
セレブに学ぶ開運フェイス



双葉社
「観相学のプロに聞いた!タイプ別ヒゲメンGET術」監修。
+ ARCHIVES
+ OTHERS
+ スポンサーリンク
+ スポンサーリンク
+ スポンサーリンク
このページの先頭へ