顔相鑑定士・顔研究家・顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ

<< 「今週の有名人顔相鑑定」は、カブトムシゆかりさんです。 | main | [連載]『顔相学で見る、あの人のホントノトコロ』第47回は「歌手・剛力彩芽の誕生で、彼女をまねした“ゴウリキラー”が全国に出現?」 >>
【大阪から池袋絵意知です!】クラシックバンク@『週刊てりとりぃ』
昨年12月22日発行の『月刊てりとりぃ』に寄稿した
『月刊てりとりぃ』「大阪から池袋絵意知です!」クラシックバンク
が、『週刊てりとりぃ』の「てりとりぃアーカイヴ」に再録されました。

『週刊てりとりぃ』2月22日(金)(TV AGE)大阪から池袋絵意知です![クラシックバンク]てりとりぃアーカイヴ[初出:月刊てりとりぃ#34 平成24年12月22日号]


コラムでは「音楽」ではなく、この「りそな銀行のクラシック音楽コンサート」を通して「大阪」について語っていますので、このブログで昨年5月から12月までの7回(6月は開催なし)の『クラシック・バンク』を振り返ろうと思います。(※最初の頃はメモしていなかったりしますが、Facebookにメモしたものを中心にまとめます。)

2012年5月23日(水)
りそな銀行のクラシック音楽コンサート『クラシック・バンク』に行ってきました。

第一部/ヴァイオリン:久貝ひかり・伴奏:山中歩夢
第二部/ピアノ:野口玲奈

1205出演者.JPG

1205ステージ.JPG

1205りそな銀行.JPG


久しぶりのクラシックで心が安らぎました。


クラシックコンサートの後で見つけた、珈琲&麦酒フランドル「佛蘭弗」。

1205フランドル1.JPG

1205フランドル2.JPG

1205フランドル3.JPG

柳号「近弗」としては行っておかなければ!
ジャンル 喫茶店
TEL 06-6262-6486
住所 大阪府大阪市中央区本町3-4-11
大阪市営地下鉄御堂筋線本町駅出てすぐ

2012年07月25日(水)

5月に続きりそな銀行のクラシック音楽コンサート『クラシック・バンク』に。

第一部/ソプラノ独唱:北井春花・伴奏:曽我けいこ

♪石川啄木作詞 越谷達之助作曲 
「初恋」

♪大木実作詞 團伊玖磨作曲
「抒情歌」
・花季
・路地の子

♪クロード・ドビュッシー作曲
月の光(ポール・ヴェルレーヌ)
ピエロ(テオドール・ド・バンヴィル)
出現(ステファヌ ・ マラルメ)

♪ジョージ・ガーシュイン作曲
「ポギーとベス」より “サマータイム”
♪シャルル・グノー作曲
「ミレイユ」より “おお軽やかなつばめよ”

第二部/ピアノ:伊藤香紀

♪フレデリック・ショパン作曲
練習曲 作品10−10

♪ヨハネス・ブラームス作曲
パガニーニの主題による変奏曲 作品35−2

♪フランツ ・ リスト
死の舞踏 S.525

1207出演者.JPG

久しぶりの声楽。
今回一番後ろの席でステージから50m近く離れているのによく声が通り、改めて声楽なんだと。
北井春花さんは、♪シャルル・グノー作曲 「ミレイユ」より“おお軽やかなつばめよ”が本当に声が軽やかに舞っていて良かった。
伊藤香紀さんのピアノは、曲調の全く違う3曲を見事に表現!
特に「死の舞踏」は、最初タイトル通りのおどろおどろしいリズムだったが、目まぐるしく展開が変わる面白い曲で伊藤香紀さんの表現力が楽しめた。


2012年8月22日(水)

第一部/ソプラノ独唱:松下美奈子

♪ペトラルカ作詞 リスト作曲
「ペトラルカの3つのソネット」
平和が見つからず
私はこの地上で天使の姿を見た
祝福あれ、あの日、あの月、あの年に

♪ヴェルディー作曲
歌劇「椿姫」より
“不思議だわ〜ああそはかの人か〜花から花へ”


第二部/ピアノ:深井千聡

♪メトネル作曲
忘れられた調べ第一集より
「回想ソナタ」作品38−1

♪スクリャービン作曲
詩曲「焔に向かって」作品72

♪リスト
バラード 第2番


1208ステージ1.JPG

1208ステージ2.JPG

1208出演者.JPG

演者(特に声楽)の表情が見たくて今月は1番前のセンター!

松下美奈子さんの表情の変化がよく見れました。


クラシックバンクの前に食べた「佛蘭弗」(フランドル)のクロックムッシュ。
ストロングコーヒーも美味しかった。
1208仏蘭弗.JPG

1208フランドル2.JPG

1208フランドル3.JPG

1208フランドル4.JPG


2012年9月26日(水)

今月も「Classic Bank クラシック・バンク」に。

1209りそな銀行.JPG

1209出演者.JPG

先々月は最後列、先月は最前列のどセンターで、今月は真ん中の9列目の席。

1209ステージ.JPG

第一部/ソプラノ独唱:宝木かおり・伴奏:辻未帆

♪ハイネ作詩 メンデルスゾーン作曲
「歌の翼に」

♪ゲーテ作詩 メンデルスゾーン作曲
「恋する女の手紙」

♪メンデルスゾーン作曲
オラトリオ「エリア」より
 “聞け、イスラエルよ、主のみ言葉を聞け”

♪モーツァルト作曲
オペラ「フィガロの結婚」より
 “恋人よ、早くここへ”

♪ドニゼッティ作曲
オペラ「ランメルモールのルチア」より
 “あたりは沈黙に閉ざされ”


第二部/ピアノ:寺嶋千紘

♪吉松 隆作曲
「けだるい夏へのロマンス」
「秋の舟唄」

♪モーツァルト作曲
ピアノソナタ第11番 イ長調 K.311「トルコ行進曲付き」

♪シューマン作曲 リスト編曲
「献呈」

寺嶋千紘さん
「けだるい夏へのロマンス」 「秋の舟唄」 は指先が動いてないかのような柔らかく優しい動きと音色。
「トルコ行進曲付き」 はブーニンのショパンのようにアレンジしまくり。
今日でファンになりました!
柔らかく優しい動きと音色を表現すると「琴のような」というのがピッタリです。
動きの前に音が出るような音が出てから動きがあるような不思議で魅力的な演奏です。


2012年10月24日(水)

今月も「Classic Bank クラシック・バンク」に。
今日は5列目センター。

1210ステージ.JPG

1010出演者.JPG

第一部/ヴァイオリン演奏:根垣りの 伴奏:河内仁志

赤いドレスの根垣りのさんの後ろに黒いピアノ、そして黒い衣装の河内仁志さんが見え隠れして絵的にも美しかった。
よく一緒に演奏しているという2人は息もピッタリで、赤と黒、女と男、ヴァイオリンとピアノで『女と男の世界」を表現してました。


第二部/ピアノ:金田仁美

金田仁美さんは曲調の違う3曲。当たり前だけど曲調が違うと弾き方も違うなと。
今日はテレビ、雑誌の取材打ち合わせ、取材、企画打ち合わせが3メディア、計6やり取りと忙しかったので半分くらいは目をつぶって心を安らげるように聴きました。



212012年11月21日(水)

今月も「Classic Bank クラシック・バンク」に。
今日で第7回目とのこと。 今日は中通路から2列目、全体では12列目の右側の席。

1211ステージ.JPG

1211出演者.JPG

第一部/ヴァイオリン演奏:小西真央 伴奏:田中麻紀

♪ショーソン作曲 「詩曲」作品25
♪パガニーニ作曲 「24のカプリス」から 作品1第 17番 変ホ長調
♪サン=サーンス作曲 「ワルツ形式によるカプリス」作品52 第6番

ヴァイオリン演奏:小西真央さんは現在帝塚山学園高等学校2年生の17歳。
高い・低い、明るい・暗い、強い・弱い、大きい・小さい、激しい・穏やか、硬い・柔らかい…いろいろ音色。抑揚。 だけど、その全てがヴァイオリンらしい音色。
ヴァイオリン1つでこんなに表現できるのかと! 今後、大注目の天才ヴァイオリニストだった。

第二部/ピアノ:平石裕香

♪モーツァルト作曲 ピアノソナタ ハ長調 KV330(300h)
♪ベートーヴェン作曲 ピアノ
♪ショパン作曲 幻想即興曲

大作曲家3人の曲。

曲の影響もあるのか全体的に柔らかく軽やかな女性ピアニストらしい音色。
基本通りというか教科書通りというか正確な演奏。

有名なショパン作曲の幻想即興曲はメロディ通り流れるような音色で、音だけで女性が 弾いてるとわかるものだった。

平石裕香さんの右肩があいたワンショルダーのドレスだったことからふと考える。
ピアノが右、演奏者が左で、演奏者は必ず右側の顔を観客見せながら演奏することになる。
何故なのか?
やはり上手、下手の関係でしょうね。
ピアノまで一直線で歩いてきたほうがかっこいいです。
ピアノの向きを逆向きで演奏するとなったらピアニストはやりにくいと思います。


2012年12月21日(金) 
今月も「Classic Bank クラシック・バンク」に。
今日は4列目。センターエリアの1番右の席。

1212ステージ.JPG

1212出演者.JPG

第一部/ソプラノ独唱:寿谷しずか 伴奏:鈴木 亜希子

♪ウェバー 作曲 ミュージカル オペラ座の怪人より『シンク オブ ミー』
♪プッチーニ 作曲 オペラ ジャンニスキッキより『お父様にお願い』
♪オペラ トゥーランドットより 『氷のような姫君も』
♪オペラ ラ ボエームより 『私が町を歩くと』
♪ヴェルディ 作曲 オペラ 椿姫より 『ああ、そは彼の人か〜花から花へ』

寿谷さんは、劇団四季に所属し、ミュージカルオペラ座の怪人等に出演のキャリアがあるので、今までで1番表情が豊か。 目も口も大きい派手な顔立ちだし、今回近い席なのでよくわかる。
さらに、ストールを使ってた振りが また素晴らしく歌だけのオペラを見ているようだった。
たまに伴奏の鈴木さんが寿谷さんを見て合わせていた。

『私が町を歩くと』 は、寿谷さんピアノに手を置いたりピアノの回りを左右に動いたりと、ピアノと踊っているよう。 昔、アントニオ猪木さんが「相手がほうきでもプロレスが出来る」と言われたけど、寿谷しずかさんは「ピアノと踊り、ピアノの音と踊りながら歌ってた!」

『ああ、そは彼の人か〜花から花へ』
髪留めを外し髪をほどき、髪留めをドレスの胸の中にしまい、視覚でも魅せた寿谷さん。
あの細い身体のどこからそんな声が出るのかという声量だった。

ミュージカル見に行きたくなった。
ライオンキング行くか?

第二部/ピアノ:法貴 彩子

♪ドビュッシー 作曲 喜びの島
♪ブラームス 作曲 小品119
♪ショパン 作曲 即興曲 第1番

法貴さんは、ほうきさん!

昨年11月の第一回クラシックバンクに出演で今年のアンカー。
神経が細やかで集中力が高く強い顔をしてたけど、演奏も全く同じ印象。
途中から目をつぶって聴いたが、集中力が高まる瞬間がわかった。
で、「最初に姿を見ないで演奏してるピアニストの顔がわかったら、観相家として凄いなと」
声ではなく音色から顔がわかったら逆観相家だ!
観音家か?!
音も音相だから観相家でもいいけど。
音色から顔はわからなくても、ピアニストが男か女か、何歳くらいの人かはわかるようになりたい。
それにはもっと経験を積まねば………

クラシックバンク今回で終わりだから…
と思ってたら、来年5月に再開し7月からは毎月開催とのこと!
来年も皆勤賞でいこう♪( ´θ`)ノ

雨の御堂筋イルミネーション 「OSAKA光のルネサンス2012」を見ながら。

御堂筋1.JPG

御堂筋3.JPG

御堂筋4.JPG

御堂筋5.JPG

御堂筋6.JPG

御堂筋7.JPG


そして、「クラシック・バンク」を共催しているNPO法人ABC音楽振興会が主催の【第21回 ABCフレッシュ・コンサート@ザ・シンフォニーホール】に今月行ってまいりました!


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)はこちら

携帯公式サイト『顔面恋愛術・顔面仕事術』はこちら

「開運顔相占い(対面パーソナル鑑定&カウンセリング)」はこちら
(携帯電話の方はこちら)

Facebook
http://www.facebook.com/ikebukuroh


メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| 大阪から池袋絵意知です! | 23:59 | - | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ 最新記事
+ プロフィール
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ 著書・関連書籍




池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

辛酸 なめ子
辛酸なめ子さんと対談。
[特別対談]
セレブに学ぶ開運フェイス



双葉社
「観相学のプロに聞いた!タイプ別ヒゲメンGET術」監修。
+ ARCHIVES
+ OTHERS
このページの先頭へ