顔相鑑定士・顔研究家・顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ

<< ジャンルごちゃまぜの音楽ライブ「MUSIC FESTA vol.1」(ミュージックフェスタ)@なんばHatch | main | 【きれいのニュース】【観相学入門】第5回はセレーナが深く愛される理由 >>
第22回ABC新人コンサート@ザ・シンフォニーホール
6月22日(土)は第22回ABC新人コンサートに。

この4日前のジャンルごちゃまぜの音楽ライブ「MUSIC FESTA vol.1」(ミュージックフェスタ)でもさすがになかったのが、クラシック音楽。

クラシックの曲をミュージックフェスタでやるもの聴いてみたい気持ちもありますが、やっぱり、クラシックはクラシックの1つの世界で聴いたほうが楽しめると思います。

会場はおなじみの日本初のクラシックコンサート専用ホールザ・シンフォニーホール

ロックはライブハウス、クラシックは専用ホールと、音楽は聴く空間も大切ですね。

シンフォニーホール1.JPG

シンフォニーホール2.JPG

シンフォニーホール3.JPG

シンフォニーホール4.JPG

シンフォニーホール5.JPG

梅雨の合間の晴天で、この日も並木道がきれいでした。

シンフォニーホール6.JPG

シンフォニーホール7.JPG

初夏には初夏の美しさがあります。

冬(2月)と比べてみてください。
第21回 ABCフレッシュ・コンサート@ザ・シンフォニーホール

シンフォニーホール8.JPG

今回は1階後方の席に。
シンフォニーホール9.JPG


音楽は聴いて感じればそれでいいのですが、今回も自分のために感覚を言語化して外在化します。


井後優弥:ピアノ

バッハ=ブゾーニ/シャコン BWV1004

先に音が出て、後から指がついてくるような演奏でした。
 

鳥海仁子:ソプラノ
 (ピアノ/田中 健) 
R. シュトラウス/チェチーリエ op.27-2
ニコライ/歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」より “さぁ, 早くこちらへ!”
コルンゴルト/歌劇「死の都」より “私に残された幸せは”

ベテランのような貫禄がありました。


秋元孝介:ピアノ

スクリャービン/詩曲「焔に向かって」op.72
ピアノソナタ 第5番 op.53

弾き始める前の緊張感がこの公開審査会の伝統と偉大さを感じました。


森寿美:バリトン
 (ピアノ/浅野未麗) 
R. シュトラウス/四つの歌曲 op.27 より “ひそやかな誘い”
モーツァルト/歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」より “彼をふりかえりなさい”
ロッシーニ/歌劇「セビリアの理髪師」より “俺は町の何でも屋” 

男性です。

“俺は町の何でも屋” が最高に良かったです。

言葉はわかりませんが、
「俺はあれもやって、これもやって、それもやって」
というようなリズムで、誇らしそうに歌っていて、
後半は忙しくてちょっと大変そうで…といった雰囲気がでていて、
曲のタイトルを知らなくても、どういう内容の歌なのかわかったかもしれません。
歌詞の和訳を見てみたいです。


多田真理:ピアノ

グバイドゥーリナ/シャコンヌ

入場してきて、ピアノの前でドレス踏んでつまづきそうになり、会場から思わず笑いが起こりました。
笑いが起こったのは、もう少しでピアノにぶつかりそうだったのと、その動きがコミカルでかわいく見えたからでしょう。

多田真理さんの演奏は、4月2日に大阪・肥後橋のイシハラホールで開催された「第22回ABC新人コンサート・オーディション」本選で聴いているのですが、この日は鮮やかな水色のドレスが華やかで、長い腕を使ったアクションもよく、演奏も迫力があってよかったです。

ご本人が後のコメントで話していたように、簡単に言うと「乱暴な曲」ですが、激情的だったり、騒音のような不快感だったり、冷徹さだったり、暴力的だったりで、ビジュアルとのギャップもよかったです。

この日はステージから遠くて、お顔がハッキリ見えませんでしたが、それでも美人とわかるシルエットでした。
また、多田真理さんの演奏の直前に席についたダンスの先生をやっているような美人のお客さんのいい香水の匂いもして、それも多田さんのビジュアルともマッチしていて、聴覚、視覚、嗅覚といろんな感覚込みで、ピアノ演奏を楽しめました。

あとから振り返ると、目を閉じて聴いたり、ザ・シンフォニーホールの天井を見て聴いたり、多田真理さんの姿を見たりと、音のある空間、音そのものを感じようとしていたと思います。


古瀬まきを:ソプラノ
 (ピアノ/藤江圭子) 
中田喜直/「魚とオレンジ」より “はなやぐ朝”
ドニゼッティ/歌劇「ランメルモールのルチア」より “香炉はくゆり〜悲しみの涙を” 

“はなやぐ朝”は、日本語の歌詞が新鮮でした。

古瀬まきをさんは笑顔がとてもよくて、
1階後方からでも離れた距離からもにこやかに歌っているのがわかりました。
晴れ晴れとしたいい表情でしたね。

“香炉はくゆり〜悲しみの涙を”はクライマックスに向けて高く高く盛り上がって、最後は「Bravo!」(ブラボー)の声が会場のいろんなことろから聞こえてきました。

これで、ピアノ部門3人、声楽部門3人の演奏が終わり、審査にうつります。

審査の間は、

オルガン特別演奏:岩佐智子
ラングレ/小組曲 より カンティレーヌ
ヴィドール/オルガン交響曲 第6番 より アレグロ

幻想的で神聖な演奏でした。


そして、いよいよ第22回ABC新人コンサート最優秀音楽賞の発表。

ピアノ部門は多田真理さん、声楽部門は古瀬まきをさんのどちらも女性が選ばれました。
(ちなみに昨年はピアノ部門もヴァイオリン部門も男性でした)

2人は2014年2月11日(火・祝)に同じくザ・シンフォニーホールで開催される「第22回ABCフレッシュ・コンサート」で飯森範親さんが指揮のもと、オーケストラ(日本センチュリーズ交響楽団)と共演します。

8ヶ月後の2人の演奏が今から楽しみです。

『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)はこちら

携帯公式サイト『顔面恋愛術・顔面仕事術』はこちら

「開運顔相占い(対面パーソナル鑑定&カウンセリング)」はこちら
(携帯電話の方はこちら)

Facebook
http://www.facebook.com/ikebukuroh


メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| イベント(音楽ライブ等) | 23:54 | - | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ スポンサーリンク
+ 最新記事
+ プロフィール
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ 著書・関連書籍




池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

辛酸 なめ子
辛酸なめ子さんと対談。
[特別対談]
セレブに学ぶ開運フェイス



双葉社
「観相学のプロに聞いた!タイプ別ヒゲメンGET術」監修。
+ ARCHIVES
+ OTHERS
+ スポンサーリンク
+ スポンサーリンク
+ スポンサーリンク
このページの先頭へ