顔相鑑定士・顔研究家・顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ

内田理央さんの顔相鑑定@『smart(スマート)』
昨日5月24日 (水) 発売の『smart(スマート)』7月号(宝島社)


表紙は山本彩さん(NMB48)。


私は綴じ込み写真集「内田理央 大解剖BOOK」で顔相鑑定を担当しています。



今回は
だーりおと夜デート
がテーマ

ぜひ、ご覧ください!

※内田理央さんの顔相鑑定は「目」に焦点をあて「目」にボリュームを持たせています!


恒例となりました『smart(スマート)』でのこの企画、
平手友梨奈さん(欅坂46)山本彩さん(NMB48)堀未央奈さん、新内眞衣さん、寺田蘭世さん(乃木坂46)
ときて、今回初めてAKBグループ、坂道グループ以外の女性タレントになりました。


内田理央さん、いいですよね。
今年1月に書店で『フォトテクニックデジタル』の表紙を飾っているのを見てとても魅力的だと思い名前を調べました。




こちらの【人相で占う、2017年最も売れる女優ランキングベスト3!】
第3位には、ネクストブレイク枠として、
ここで選んだ高橋ひかるさんのほか、唐田えりかさん、吉岡里帆さんが候補だったんですが、
『フォトテクニックデジタル』の内田理央さんをもう少し前に見ていたら、内田理央さんを選んだかもしれません。

で、思い出した、こちらの記事。

高橋ひかる“原石”光り輝く 「直虎」謎の美少女役でドラマ初出演― スポニチ Sponichi Annex 芸能

さすがです。私もオスカーさんも!




『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。

| メディア情報(雑誌・テレビ・ラジオ) | 19:20 | - | - | pookmark |
田村芽実、本田美奈子を生きる。田村芽実、田村芽実を生きる。舞台「minako-太陽になった歌姫-」初日@渋谷CBGKシブゲキ‼
昨日、5月17日(水)、本田美奈子さんの生涯を描いた舞台「minako-太陽になった歌姫-」が初日を迎えました。


そこで、
まずは舞台の成功を祈って観劇前の午前中に本田美奈子さんのお墓参りに。



本田美奈子役を演じる主演の田村芽実については過去にもブログでさんざん書いてきたので、初めて本田美奈子さんについて書きたいと思います。

世間的に本田美奈子と言えば『1986年のマリリン』だと思うんですが、私は偶然見たテレビで、「Oneway Generation」を歌う姿を見てファンに。

確か日曜日の午後に放送されたテレビ朝日の『本田美奈子&南野陽子』の特集番組
内容はそれぞれのコンサートの様子と2人の対談(2人は堀越学園の同級生で、南野さんが本田さんの家に泊まりに来た時の話なども)だったのですが、本田美奈子さんが野外ライブで「Oneway Generation」を歌う姿に衝撃を受けたのでした。

汗だくで激しく明るくパワフルに「Oneway Generation」を歌う姿は歌番組のスタジオでアイドルやってる本田美奈子とは全く別人でした。

「これはスゴい!」と『Oneway Generation』の途中からビデオ(VHS)の録画を開始したような気がします。(録画したものはその後もすり切れるくらい見た)
※当時の本田美奈子さんは、田村芽実のアイドル時代と田村のアンジュルム時代の後輩である室田瑞希をミックスさせたようなイメージ。

本来私が好きなのは本田美奈子さんのようなスレンダーなタイプではなく肉付きがいい女性で、この世代なら斉藤由貴さんのようなタイプ。
でも、本田美奈子のことはアイドル的な部分とは別で好きでした。
(今から思えば、今、アンジュルムが好きでハマっているのと同じです。)

Wikiによると本田美奈子さんは、
1985年(昭和60年)4月20日に東芝EMIから「殺意のバカンス」でデビューした。同期デビューに、斉藤由貴、中山美穂、南野陽子、森口博子、橋本美加子、芳本美代子、井森美幸、浅香唯、石野陽子、松本典子、森川美穂、おニャン子クラブなどがいる。 

とありますが、もともと当時私が好きなのは、斉藤由貴、森川美穂、そしてGWINKOでした。
(森川美穂、GWINKOは歌もいい)
※今井美樹、森高千里も歌手としては好きでした。

「孤独なハリケーン」も好きだった。
※今から思えば衣装がモーニング娘。の伝説のライブ「ライサバ」の衣装に似ています。

その後、結成したロックバンド“MINAKO with WILD CATS”がラトーヤ・ジャクソン(マイケル・ジャクソンのお姉さん)と同じ事務所の少女隊をゲストに招いて開催した日本武道館でのレイヴも見に行きました。
Facebookに書いていたのですが、調べてみたらレイヴではなく正確にはディスパ(DISPA※ディスコとパーティーの造語)でした。※「MOTTO MOTTO DISPA 1987」

ロックバンドは正直ちょっと違った。

実際、売れなかったし。

その後、本田美奈子さんはミュージカル女優として大活躍し、その実力を世間に知らしめたのは有名です。

しかし、私はその姿を一度も拝見することはありませんでした。

本田美奈子さんは1967年生まれで年齢は私の1つ下で同世代。
が、2005年11月6日、急性骨髄性白血病が原因で38歳の若さで亡くなりました。

今日(5月17日)は田村芽実を通じて、その後の本田美奈子さんの生きる姿を見たいと思います。


本田美奈子さんのお墓は埼玉県朝霞市の広称寺にあり、お墓参りのあとは「本田美奈子さんの記念碑はどこにあるんだろう?」と最寄り駅の東上線朝霞台駅&JR北朝霞駅の駅前を探しても見つからなかったので調べてみたら1駅手前の朝霞駅でした。

本田美奈子.さんの記念碑が設立、誕生日に除幕式 | ORICON NEWS

せっかくなのでやってきたら、
「笑顔」というタイトルの詩がありました。

笑顔 2005 3 5

本田美奈子.

歌声を響け、朝霞の空に

平成19年7月吉日



18時には「渋谷CBGKシブゲキ‼」に。








以降、若干ネタバレあり。



同時開催中の「本田美奈子.展」

6種類の衣装展示。

赤2種類、ピンク、ベージュ、ゴールド、
そして、20周年で着用予定だった衣装は紫でした。
(アンジュルムでの田村芽実のメンバーカラーは紫)


舞台「minako-太陽になった歌姫-」初日無事終わりました!

田村芽実、本田美奈子を生きる。田村芽実、田村芽実を生きる。

そんな舞台でした。

スレンダーな本田美奈子さん役ということで、ビジュアルも本田美奈子に仕上げてきた。
※8時間ダイエットで絞ったそうです。

本田美奈子が乗り移ったようなシーンが何度かありましたが、田村芽実は見事に田村芽実でした!
ミュージカル女優として素晴らしい一歩を踏み出しました!

歌が圧巻!
『1986年のマリリン』、「ミス・サイゴン」の『命をあげよう』、『アメージング・グレース』の時代ごとの本田美奈子の3曲を見事に歌い分けました!

本田美奈子さんと同じで演歌も歌えて引き出しの多い田村芽実だけど、この1年でさらに磨きがかかってクオリティが高い歌唱に成長していました。

田村芽実は子供を演じられるのが強い。
※『となりのトトロ』のメイちゃんのモノマネが上手い。

本田さんがアイドルデビューしたての頃にやってた髪型、
ウエーブのポニーテールをしたらもう本田美奈子そっくり!
10メートルくらいの距離で見ると本人かと。

『1986年のマリリン』
ではもう完全に本田美奈子が乗り移ってるように見えました。
これは本田美奈子そのものだと!
歌も姿もあの時の本田美奈子だ!
が、その後、やっぱり田村芽実だ。
本田美奈子を生きている田村芽実を生きている田村芽実だと。

本田美奈子になれる喜びを全身で表現していました。


感動で涙が。
とにかくパワフルでエネルギッシュ。
まぎれもなく本田美奈子。


モノマネの上手さには定評がある田村芽実が、
本田美奈子のモノマネにならないように(だけど元々似ているし、本田美奈子役だし)
本田美奈子を生きる田村芽実をしっかり表現できたのはすばらしかった!

※ブログの下側に『1986年のマリリン』を歌うゲネプロの動画のリンク先がありますのでご覧くだい。


『ミス・サイゴン』の『命をあげよう』
では、
この日、初めて田村芽実を見る観客、演劇関係者、マスコミに田村芽実の歌手、歌手としての実力を知らしめたと思います。


『アメージング・グレース』
はみんな泣きます。

「生きるために生きる。」「笑顔」がテーマの舞台でした。




物語は作家の苦悩も表現されていて、自分とも繋がりました。

田村芽実の未来も見えた。
本田美奈子さんがミュージカル女優になったのには、東宝のプロデューサーも関係していたとは!

田村芽実の所属先が本田美奈子さんと同じビーエムアイ所属に決まり、引き続き東宝さんとの良い関係は続いていくのが見えました!
お姉さんの田村花恋さんは東宝芸能所属だし。

後年の本田美奈子を演じるには話し方がちょっと子供っぽいと思いました。
(アイドル時代から続く今の田村芽実ではあるのですが)

八重歯を治せば、話し方も大人っぽくなるのでは?


「天才天才」と昔から言ってきましたが、
天才が努力したら誰も勝てないし、好きで愛でパッションには勝てない。

それに田村芽実は小さい頃から子役として舞台に立っていたし、18歳にしてキャリアが豊富。


本田美奈子は18歳で『1986年のマリリン』だけど、
田村芽実は18歳で「minako-太陽になった歌姫-」。

スマイレージ、アンジュルムとアイドルをやってきたけど、田村芽実をアイドルだけで語ることは出来ない。
本田美奈子も同じでアイドル時代からアイドルという枠で語れる人ではなく、自身もアイドルと呼ばれるのが嫌だった。

田村芽実は別にそうではなくアイドルの部分はアイドルの仕事として楽しんでやってたし、アイドルとしてのキャリアも豊富だけど、アイドル時代から『我らジャンヌ』等、演劇でも高い評価を得てきた。

ソロとグループの違いはあれど、今18歳の田村芽実が今後ミュージカル女優としてどれだけ活躍するか本当に楽しみです。

田村芽実にはこれからも本田美奈子を生きてほしい。
田村芽実が本田美奈子を生きることで、本田美奈子は生き続け、田村芽実も生き続ける。



「生きるために生きる。」
“LIVE FOR LIFE”

http://live-for-life.jp/








以下各種報道のリンク先です。

「元アンジュルム田村芽実」と、アンジュルムの名前が役に立ってるのがうれしい!

元アンジュルム田村芽実、セクシー衣装で「1986年のマリリン」を熱唱 舞台「minako ー太陽になった歌姫ー」ゲネプロ

元アンジュルム田村芽実、主演舞台で「アメイジング・グレイス」熱唱 舞台「minako ー太陽になった歌姫ー」ゲネプロ


田村芽実、初舞台は本田美奈子.さんの衣装で


田村芽実、「1986年のマリリン」熱唱! 舞台「minako−太陽になった歌姫−」ゲネプロ

田村芽実、初主演舞台のみどころは衣装!?「露出度高い回の人はラッキー」 舞台「minako−太陽になった歌姫−」ゲネプロ取材

元アンジュルム田村芽実、初主演舞台で本田美奈子.を演じ「まだ夢見ているよう」 舞台「minako ー太陽になった歌姫ー」ゲネプロ会見1

元アンジュルム田村芽実、初主演舞台は「思った以上に緊張せず」 舞台「minako ー太陽になった歌姫ー」ゲネプロ会見2

田村芽実、初主演舞台の見どころは「すっごい露出の高い衣装」 舞台「minako ー太陽になった歌姫ー」ゲネプロ会見3
なんて言ってますけど、『1986年のマリリン』の衣装よりスマイレージ時代の 『ミステリーナイト!』の衣装のほうが露出度は高いですよ。当時、田村芽実は15歳ですからとんでもないことです。そんなこともやりながら田村芽実は生きてきましたらから強いです。「苦い思いでほど甘くなりますよ」


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| イベント(音楽ライブ等) | 17:27 | - | - | pookmark |
「戦国時代展」【1日学芸員・和田彩花さんと挑戦 「戦国時代」に迫ろう!】@京都文化博物館
2月26日(日)は京都文化博物館へ。





前日の2月25日(土)から4月16日(日)に開催された「戦国時代展」。

そのイベントの【1日学芸員・和田彩花さんと挑戦 「戦国時代」に迫ろう!】で、学芸員の資格を取れるところまで来ているアンジュルムのリーダー和田彩花さんの実習も兼ねて京都文化博物館学芸員の西山剛さんと共に解説していただきました。

2月中旬に京都に来たかったが叶わず。
そのタイミングでイープラスからこのイベントの案内が来たのでこれに合わせて京都旅行を企画したけど、展示品もたくさん見れて予想以上に楽しめました。


「戦国時代展」で、個人的に気になった作品、気に入った作品は、こちらです。

「茜染の旗」
茜色に金で真田家家紋の「六連銭」を表現した旗で金のスレ具合がよかったです。

「地黄八幡旗指物」
朽葉色という色の美しさ。日本の美。

「鰐口 朝倉義景奉納」

「尼子経久像」
肖像画とはいえ33歳とは思えないくらいしっかりした顔。

「上杉家文書の世界」
書がアート

「一括出土銭」

「華南三鮮陶器」
鮮やか

「聚落第周辺出土 金箔瓦」







【1日学芸員・和田彩花さんと挑戦 「戦国時代」に迫ろう!】の解説印象に残ったのは、


まず、和田さんが美術にハマったきっかけ。
時間を間違えて予定より早く東京に着いてたので、母さん一緒にたままた「マネ展」を見た。そこでマネの黒い世界に惹かれた。

それからから浮世絵に。
西洋画から日本の芸術を知った。


刀は顔を右左に動かしてみるといい。
光を充てて見るのが大事。


「短刀 銘 吉光 号 五虎退」
5頭の虎を退けた。
凛としている。

肖像画はまず畳を見る。
キラキラした畳は神格化された人。


「足毘沙門天立像」
周りや照明によって見え方が違う。
上杉謙信と一緒に戦った。

「達磨・豊干・布袋図」
水墨画、墨の黒一色で多彩な表現、墨の濃淡、勢い。

「青磁牡丹唐草凸花瓶」

可憐、少女のよう。

「洛中洛外図屏風 上杉本」
当時の人の生活がよく描かれている。お坊さんが女の人を連れて逃げているとか。


京都文化博物館学芸員の西山剛さんの話術がすばらしかったです。
爽やかで軽快なトークで和田さんをリードして、私たちをどんどん芸術の魅力に引き込んでいきました。
また、機会があったら西山さんの話を聞いてみたい。
和田さんはテンションあげあげで美術が好きだというのがよくわかりました!(笑)
特に好きな作品を語る時はめっちゃ早口になります。



5階でやってた墨聚展(ぼくしゅうてん)も。





水墨画にチャレンジしようかな?




『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。



| アート・デザイン・似顔絵 | 11:48 | - | - | pookmark |
【アンジュルムはズルい】アンジュルム コンサートツアー 2017春 〜変わるもの 変わらないもの〜@NHK大阪ホール
4月23日(日)はアンジュルムのコンサートを見にNHK大阪ホールへ。








昨年のライブハウスツアーではあえてスマイレージ時代の曲を封印したアンジュルム。
アンジュルム ライブツアー 2016秋〜絆〜』@京都FANJ(アンジュルム改名後100公演目のライブ)


このコンサートツアーの少し前にあった「アンジュルム ライブツアー2017春 〜凜〜」は忙しくて見に行くことができず、私にとってはこれが今年初のアンジュルム。

『〜変わるもの 変わらないもの〜』がテーマということで、スマイレージ時代から変わらないもの、アンジュルムになって変わるもの【不易流行】を表現した素晴らしいコンサートでした。

『月刊てりとりぃ』のコラム「太陽の塔」でも【不易流行】をテーマにしています。

「アンジュルム」は「太陽の塔」と同じく変化を見続けているからこそ、わかること、感じることがある。

このブログは長いです。

Facebookで私と繋がっている人はまず読まないし、たとえ読んだとしても「この人は何を言ってるんだ?」と思うに違いありません。しかしながら私と同じ空間にいた人は、あの場で感じた感覚を見事に言語化している自信があります。

「なぜアンジュルムはあんなにいいのか?」「なぜ自分はあんなに楽しかったのか?」このブログを読むことで頭でわかる人もいるでしょう。

この長文ブログを最後まで読む人がいたとしたら、よほどのアンジュルムファンだと思います。
そんな人は来週の月曜日、5月15日のツアーファイナル日本武道館公演も行くことでしょう。

今回の武道館は後から発表されましたが、タイトルにスペシャル等がついてないので完全にツアーファイナルという位置づけのようです。

もちろん、会場が大きくなることで、特別なことをするとは思いますが、素晴らしい完成度の今ツアーの集大成になると思います。

このブログを読んで興味を持った方はぜひ日本武道館へ!!!!!!!!!
当日券の販売もございます。

5/15(月) 開場17:30 開演18:30となっております!!!
アンジュルム コンサートツアー 2017春 〜変わるもの 変わらないもの〜

日本武道館
東京都千代田区北の丸公園2番3号
東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線「九段下」2番出口より徒歩5分


1年前のツアーで笑顔世界チャンピオンに輝いた相川茉穂がパニック障害のため休業状態が続き1人欠けた8人体制でしたが、煌びやかで元気で楽しくて魂がこもってて、さすがアンジュルムだと。他は見てないけど勢いと華はナンバーワンでしょう。
他は見る必要がない。これだけ見てればいい。と思わせる内容でした。

NHK大阪ホールの2階からの眺めは最高!日本の全会場でこの席が1番好きです。




オープニング映像で、今日はアンジュルムとスマイレージの両方をやるのがわかりました。
そして期待度がさらに高まる素晴らしい演出!


新曲の『無双 Strong!』
モーニング娘。に勢いがあった頃のような曲。
アンジュルムの勢いを感じる曲。
でも、6月に発売のシングル収録曲ではないようです。

『愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間』
会場は一気にヒートアップ!
本来9人のアンジュルムが相川欠場で8人のため、
間奏の佐々木莉佳子がセンターでVの字になるシーンは、左に3人、右に4人で右側が長いVに。
(2階からだからこそわかる光景です)

『涙は蝶に変わる』
ミステリアスで大人っぽい楽曲もまたアンジュルムに似合う。
本当にカッコいい。アンジュルムはクラシックっぽいのも似合います。

『ぁまのじゃく』
一転して中学校のようなセットに変わり、いきなりかわいいスマイレージの世界。
ファンのうれしそうな掛け声の大合唱。

『スマイル美人』

これまたスマイレージ4人時代の懐かしい曲。
本当にスマイレージ、アンジュルムというのは楽曲に恵まれています。

『パン屋さんのアルバイト』
これまたスマイレージの古参ヲタにはたまらない曲のザ・アイドルソング。
今歌っているメンバーもみんなかわいくてこの曲によく合ってました。

『ショートカット』

4人スマイレージ時代の代表曲のうちの1つ。
と言っても活動期間が短かった4人時代でさえ代表曲がいくつもあるのがスマイレージ。
その曲をこの8人で完成させているのがすばらしかった。

メンバー紹介
『夢見る15歳』のメロディをバックに和田彩花が自己紹介。
と思ったら、次の笠原桃奈が『上手く言えない』ときて、佐々木が『魔法使いサリー』でそれぞれのメンバーにとって思い出深い曲のメロディの中、「他己紹介」から「自己紹介」のリレー形式でした。

佐々木莉佳子のきれいな髪は美容院のシャンプーのたまもの。

お目目がデカすぎる上國料萌衣!


りなぷ〜がかわいすぎ、面白すぎ!

『恋ならとっくに始まってる』
この曲に関しては田村芽実が抜けた影響が出ましたね。
(田村の卒業ソングと言っていい曲でもあるのでしょうがないですが)
そんな中、竹内朱莉が1人気を吐きなんとか形にしていました。

『糸島Distance』

この日のパフォーマンスでは、車の運転の変なダンス(ドライブのイメージ)がなくてよかった。あれはやっぱりなんかマヌケに見えます。ギャップ狙いとはいえ。

『乙女の逆襲』

相川茉穂はいないけど、いました。
本当に愛されています。
スタッフさん演出、
そしてファンの「あいあい!、あいあい!」の声に思わず涙が。

『忘れてあげる』

竹内朱莉のスピリットを感じました。
自分ががんばらなきゃならないという必死さを感じました。

次の衣装チェンジでのVTRは、
西洋貴族の仮面をつけての映像がかっこよかったです。

『ミステリーナイト!』
ヴァイオリンのイントロから始まる曲。
「このかっこいい曲なんだっけ?」とアンジュルムの曲を思い出していたらスマイレージ時代の転換期となったミステリーナイトだった。

スマイレージはつんく♂による女子中学生の世界観だけでなく(4人時代〜サブメンバー加入〜6人スマーレージ初期)、大人の女性へ成長する姿だけでなく(6人スマイレージ中期から後期)、ミステリー感というか、もがいてもがいて裸になって無理矢理変わろうとする姿も描いていたんだな、つんくは。と。

かみこの「未来はミステリーィーーーーーー」が素晴らしかった!

『さよなら さよなら さよなら』
この曲も大黒柱の竹内朱莉ががんばってました。

『良い奴』

“スマイレージを知らない世代”上國料萌衣がこの曲の世界に入ってがんばってました。
この曲も竹内朱莉がすばらしかった。
竹内さんは声がよく通ります。
元々声が良かったり声量があるだけでなくマイクに声を乗せるのが上手いのかな?


『同じ時給で働く友達の美人ママ』
個人的にはこの曲あたりからスマイレージが気になりだしました。
(調べたら2010年9月29日リリース)
佐々木莉佳子がかわいかった。セリフのところもがんばってました。

後半戦前のトークでは笠原桃奈の「真面目さ」「ハイテンションさ」「きょどりさ」に笑いが。
本当に見ていておもしろい人です。


『大器晩成』
アンジュルムに改名後初のシングル、アンジュルムを象徴するこの曲。
室田瑞希がいいテンション!
最後のMCでも言ってましたが、ここから室田瑞希のアドレナリンが出まくってました。

『大器晩成』が来たとなったらラストスパート。

アンジュルムお得意の怒濤の攻め!

『次々続々』
上國料萌衣センターからの行進ダンス。
かみこのセンターもまたいい。
かみこが歌の面で完全に主力で、かみこ、竹内、むろのスリートップを形成していました。

現在のアンジュルムは。

『ドンデンガエシ』
ドンデンガエシでは「まだ笠原桃奈はアンジュルムになりきれていない」と思いました。
悪目立ちはせず、溶け込んでいるけど。
それはなぜか?
まだ若くて(幼くて)苦汁をなめる経験をしていない?ここまで順風満帆で来たから?
敗北を経験し、負けているところから逆転を経験した人でないとこの曲は歌えないのでしょう。


『出すぎた杭は打たれない』
間奏の佐々木莉佳子がセンターでVの字になるシーン、
『愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間』では右側が長いVに見えたけど、この曲では左側が欠けたVに見えた。

やっぱり、残念ながら、今日は相川茉穂が欠けたアンジュルムなんだなと。
それでもNHK大阪ホールの2F席から見る佐々木莉佳子がセンターでVの字になるシーンは最高です!

そして、LoVendoЯから魚住有希が抜けて“オレのLoVendoЯ”は終わったけど、ここに魚住有希の魂が残っていた!
この曲をアンジュルムに作ってくれて本当に感謝です。


アンコールは地元大阪出身の中西香菜凱旋ということで、大かななんコール。

アンコール明けは

『私の心』

もう1年半も前に卒業した福田花音の姿が見えました。
正直全体の歌唱力は落ちたけど、歌を大切に歌う心はアンジュルムの全メンバーに受け継がれていた。
つんくが女の子になって書いたこの世界観。
詩も曲もスマイレージへの愛で満ちあふれています。
これを聞かずしてつんくを語るなと。
間奏のせつないメロディ、純粋な女の子の心。



最後の挨拶。

笠原桃奈が一言、口を開くと誰もが親目線で見てしまう。
不思議な魅力があります。

この日の佐々木莉佳子はなんとか泣かなかった。

勝田里奈が言うように「アンジュルムはペンライトの色に偏りがない、虹色」
それぞれいわゆる推しメンはいるのでしょうが、単に箱推しというだけでなく、ファン1人1人がアンジュルムのメンバー1人1人を好きなのが見ていてわかります。

竹内朱莉の「女性のみなさん楽しかったですかー!」への女性の歓声の大きさ!
女性ファンの多さには定評がある竹内さんですが、ますますファンが増えているようです。

最後は『友よ』
笠原桃奈もすっかり溶けとんでいました。





佐々木莉佳子の最後の言葉を借りるなら「アンジュルムに入れてよかった!」と思えるコンサートでした!


終わって全体を通して感じたことを。

この日もリーダー和田彩花の気合いの入った顔が良かったです。
和田彩花、佐々木莉佳子、上國料萌衣と超スクリーン映えするメンバーが3人もいるのが強い。

Berryz工房も個性が豊かなグループでしたけど、
Berryz工房はアニメに例えるなら『アパッチ野球団』か『ドカベン』。
アンジュルムは『セーラームーン』。

セーラームーンを知らずに言うけど、佐々木莉佳子、勝田里奈、中西香菜、和田彩花と足が長くてスタイルがいいメンバーが揃っているのを見て感じました。

昨秋のライブハウスツアーは、スマイレージ時代からのステージでの主力、福田花音が抜け、田村芽実も抜け、笠原桃奈が加入したばかりということでスマイレージ曲を封印。

8人中半分の4人はスマイレージでの活動がないけれど、今ツアーではスマイレージのかわいい世界も上手く融合させてました。

今のメンバーが昔の曲を歌って「昔は良かった」「これじゃない」とがっかりさせるのではなく、自分たちのものにしながら昔の良さも思い出させてくれる。アンジュルムは続いていく歴史を感じることができるのがすばらしいです。


本来9人のアンジュルム。
相川茉穂が休んでいて8人のため、佐々木莉佳子がセンターでのきれいなVの字は見れませんでしたが、8人であることを逆手にとって4人:4人の「初期の4人スマーレージ」を2つ並べたような配置はニクい演出でした。


衣装もいい、セットもいい、セトリもいい映像もいい、構成もいい。

ステージや演出も美術好きのリーダー和田彩花のアイデアか、今までのハロプロにはない新しい試みをいくつもしていました。(隠す演出は初めての試みだったのでは?)

作品として完成されていました。


ファンが曲の合間に入れるコールも見事で、ファンのコールが加わることで元の曲がさらによくなっているのがアンジュルムの強さです。他のハロプロの中でも抜けていると思います。

ファンが一緒になって作品を作ってるのがよくわかるライブなのです。

衣装は4種類くらいあったと思います。
リーダーの和田彩花さんはステージによって髪型も3パターンと変えました。
顔全部がわかるデコ出しロングウェーブのポニーテールが特に良かった。


去年の京都のライブハウスと違って、箱が違って広さが違って自分が見る高さが違えば、見え方がもう全然違います。

この日のNHK大阪ホールでは、上國料萌衣が目立ってました。
(身長が低いから京都ではそもそもほとんど見えなかった)

やはりかみこは大会場向きです。
武道館ではもっと目立ってくれるでしょう!
昨年5月の『アンジュルムコンサートツアー2016春「九位一体」〜田村芽実卒業スペシャル〜』@日本武道館のように。

入った時は落ちこぼれのポンコツポジションだった中西香菜は、すっかりお姉さんになり、みんなのまとめ役として一歩引く感じで全体を見てくれています。特に後輩の面倒見がよくて、下の者が安心して伸び伸び活動できる環境を作ってくれている。

何はともあれこの直前にモーニング娘。に勝ったのが大きい。
(昨年末のハロプロ大運動会では負けたが)

モーニング娘。'17、アンジュルムが4月16日に東京・ニコファーレで行われた、リアルとWEBを組合わせたユーザー参加型の新サービス「Hello! Project ひなフェス アイドル生合戦 国盗り天下統一編 produced by アソビスタ」のプレイベントに出演した。

モー娘。VSアンジュルム! かななん軍が合戦に勝つ!! | ニュースウォーカー


室田瑞希は天真爛漫(スマイレージの曲にもありますね)だけでは説明が足りないくらい弾けていてサービス精神旺盛です。
ラテンの血でもなく黒人特有のリズム感でもなく天性のノリの良さで周りの人をみな笑顔に幸せにしてくれます。

加入当時からスマイレージ時代の最後までずっと短い散髪ヘアで1人半ズボンの男の子キャラをやっていた竹内朱莉。
その竹内朱莉が最近急に女っぽくなって、この日は1番セクシーに感じました。
歌の大黒柱にしてセクシーさでも和田、中西、勝田、室田に勝っているんだから凄い。
今の竹内朱莉は無敵です!

この日のMIPは竹内朱莉、MVPは上國料萌衣でした。


そんな中、笠原桃奈の影が薄かった。
最も印象に残らなかった。
それは、悪目立ちして足を引っ張ることもなく、溶け込んでるとも言えるのですが、あえて言いたい。
笠原桃奈はステージでは弱い。
もっとがんばらないと。
相川茉穂が休んでいて、1番新人で1番若い笠原が1番頑張らないとダメなのに。
他の先輩たちのほうが、あいあい(相川茉穂)の分もがんばろうという心意気が見えました。
かみこの去年の春ツアーを考えたらもっとがんばらないと。
田村が卒業して相川も休んでるアンジュルムの現状を考えると。
「相川茉穂が足りない」と思わせてはいけないんです。

のびのび育てたほうがいいタイプだとはいえ、本当の意味でアンジュルムのメンバーになるには厳しさも必要です。

アンジュルムにはスマイレージから続く歴史がある。
代々続く魂がある。
新しく入った笠原桃奈も「情けないくらいに打ちのめされ、這いつくばって傷つくことも大切だ」「苦い思い出ほど甘くなる」経験が必要なのです。
※『臥薪嘗胆』の歌詞より。

笠原桃奈は無邪気や天然ではなく常識はずれ、規格外の変わり者だと思います。
そして真面目で善人
往年の銀幕女優、北原三枝にも似た顔。
まなざしは大谷翔平にも似ています。
スケールが大きい。
もっともっともっともっとステージでも本当の自分を出せるようになった時にどうなるか見てみたいです。


この日アンジュルムは、スマイレージ時代の曲も含め、かわいい、クール、ミステリアス、熱い、楽しい、せつない、激しいといろんな曲と世界を表現してみせました。

スマイレージはまだ曲がある。
まだやってない曲がたくさんある。

アンジュルムはズルいとも言える。

アンジュルムとスマイレージと2つ持ってるんだから。

2つのコンテンツ、2つの世界。
そしてそれを組み合わせながら変化していく。
面白くないわけがない!

【変わるもの 変わらないもの】

つんくが最も愛情をこめて作ったスマイレージの楽曲。
つんくのハロプロプロデューサー退任後の新体制で、事務所が一丸となって新しいハロプロの柱として作り上げているアンジュルム。

アンジュルムはズルいですよ(笑)

シャ乱Qの『ズルい女』が歌いたくなってきた(笑)


相川茉穂はいつ復帰してくれるのか?
5月15日の日本武道館で何か動きがあるのか?

相川茉穂が復帰してまた9人体制が見たい!
また、あの笑顔が見たい。


だけど、【変わるもの 変わらないもの】

変わるものもあるのが世の中。

諸行無常。

悪い風にばかり考えずに、もし復帰できなかったとしても、かつてモーニング娘。のプラチナ期から久住小春が抜けて9人から8人になり、モーニング娘。の歴史上もっともライブの完成度が高かった“プラチナ期「最強の8人」”のようになることだって考えられます。

また、もし、相川茉穂の復帰が叶わなかった場合でも、新メンバーが入ってまた新しい9人体制になるかもしれない。
場合によってももっと人数が増えるかもしれない。

相川茉穂が復帰してくれることが1番ドラマチックではありますが。

【変わるもの 変わらないもの】

いずれにしろ、また違うドラマが、新しいドラマが始まる。

【変わるもの 変わらないもの】



アンジュルム|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト



『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| イベント(音楽ライブ等) | 23:13 | - | - | pookmark |
『アンジュルム ライブツアー 2016秋〜絆〜』@京都FANJ(アンジュルム改名後100公演目のライブ)

2016年9月24日(日)は上賀茂神社(賀茂別雷神社)に参拝してから、『アンジュルム ライブツアー 2016秋〜絆〜』@京都FANJに。

 

 

この2週間前に東京でスタートし、1週前は横浜、3箇所目のこの京都で初参戦。

鹿児島、大阪も候補だったけど京都に。

 

5月の武道館以来のアンジュルム。

 

 

 

 

 

福田花音、田村芽実の主力2人が卒業し、この秋はホールツアーも武道館もなくまたスマイレージ時代のようにライブハウスのみ。

 

だけど7月に加入した真面目な大人顔の笠原桃奈(当時12歳)と新たな才能を迎えて未来は明るい!

 

今の和田彩花は何かがとりついているようで出てきた瞬間のオーラがすごかった。ライトがなくても光を放ってました。ライトの光以上に輝いていました。

 

ライブハウスは熊本では見えたけど、この日はスマイレージ時代の神戸、奈良に次いでメンバーの姿が見えずで首から上が見えたのは1/3くらい。

それも奈良や神戸の時と違ってこの日の京都はけっこう広いのに。

 

久しぶりに声だけのライブを思い出しました。

 

 

開演前から「アンジュルム!ヒャッコーエン!アンジュルム!ヒャッコーエン!」のコールが起こる熱気ムンムンの場内。

 

このツアーで初披露の新曲『愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間』

 

 

よく見えなかったけど、『出すぎた杭は打たれない』と同じように間奏で佐々木莉佳子がセンターでVの字になるのがカッコ良かったです。最後は『ドラゴンボール』の「かめはめ波」のようで。

 

前コンサートツアーで世界笑顔選手権(笑顔世界チャンピオン)に輝いた相川茉穂「オンザ眉バング」の髪型に。

 

「オンザ眉バング」にするとファニーな顔になる人と、モード系の顔になる人がいますが、相川さんは西洋人が好む日本人のようなミステリアスな雰囲気になりました。真剣というかちょっと怒ったようにも見える表情が多かったです。

 

笑顔笑顔で誰よりも“スマイレージ”だった相川茉穂ですが、笑顔を消し髪型と表情が変わることで『次々続々』に代表されるアンジュルムのカッコいい曲でより存在感を発揮するようになりました。

 

新曲『忘れてあげる』はアンジュルムの声の良さと歌唱力がとても活かされていました。

6人スマイレージから続く声質がそれぞれ違って見事なバランスだと改めて思いました。

 

中西香菜の「わがままは全部覚えてるよぉ」の「よぉ」のところが特にいいです。

 

勝田里奈の澄んだクリアな声、

室田瑞希の女性が感情的に訴えるような歌。

 

笠原桃奈の12歳(当時)とは思えない色っぽい歌声。

『Hello! Project 研修生発表会2016 〜春の公開実力診断テスト〜』でベストパフォーマンス賞を受賞して、凄いのがいるなと思っていたらアンジュルムに入ってくれて、でもアンジュルム加入後は映像で見る限りあまり印象に残らなかった。

が、この日のライブではベストパフォーマンス賞の時のような大人っぽい表現が見られました。

 

そしてなんと言っても竹内朱莉がアンジュルムの大黒柱だなと。

福田花音、田村芽実のツートップから、三本柱、田村とのツートップ経て竹内朱莉大黒柱の時代になったと思います。

もちろん、上國料萌衣と室田瑞希もいいし、勝田里奈もいいし、和田彩花の声もいいし、中西香菜の低音もいいけど、安定してしっかりした強い柱の竹内朱莉は頼りになります。

 

りなかな(勝田里奈と中西香菜)でBuono!の『初恋サイダー』

『初恋サイダー』はありとあらゆるアイドルがカバーしてるけど、りなぷ〜は愛理の次に愛理のパートが上手いしあってる。クリアな声でブレがないし。声質だけみたら鈴木愛理よりもよくて、鈴木愛理を超えたとさえ思わせる出来でした。

低音の中西香菜がこの歌を歌うのも勝田里奈とのコントラストがあって良かった。この2人でこの曲を今後もまたやってほしいです。

 

『臥薪嘗胆』は盛り上がりましたね〜。

ファンが掛け声を入れるところが多いのもあって、ライブでは外せない曲です。

 

『大器晩成』では和田彩花さんのいっちゃってるが一瞬見えました。

アンジュルムとしての1曲目。その後のアンジュルムの勢いを象徴する曲で気持ちも入りやすいのでしょう。

 

からの『出すぎた杭は打たれない』

 

 

デスクイやってくれてよかった。

歌詞が6月のピラミッドダービー事件の頃の心とリンクしました。

「やりすぎるくらいがちょうどいいのさ」

巨大組織、その背景にある巨悪との戦いを思い出しました。

 

ハロプロ史上最高速の曲ともマッチして次から次に勢いづいてきます。

 

この曲は、LoVendoЯの元ギタリスト魚住有希が作曲した曲。

この2016年9月24日の直前まで在籍していましたが、私個人のLoVendoЯのツアー参戦は前回で途絶えてしまいました。

魚住有希がいなくなるショックは大きく、その魚住有希のLoVendoЯ最後のライブもいろいろのゴタゴタの後でバタバタしていて行けなかった…

 

 

そして『ドンデンガエシ』

 

 

デスクイからのドンデン返しの流れが最高だった。

 

アンコールは、

むろたん、あいあい、りかこ!むろたん、あいあい、りかこ!むろたん、あいあい、りかこ!むろたん、あいあい、りかこ!

 

この夜公演がちょうどアンジュルムに改名してから記念すべき100公演目だったのです。

 

つまり、3期メンバーの室田瑞希、相川茉穂、佐々木莉佳子にとって100回目。

まだ2年も経っていないのに驚くほど成長しました。

 

 

アンコール明けは新曲の『上手く言えない』

 

小説家=相川茉穂

アニメの主人公=上國料萌衣

革命家=竹内

大統領=笠原

アイドル=勝田里奈

ロックスター=室田瑞希

 

と、それぞれのメンバーの個性に合った歌詞のパートが与えられていて、作曲した中島卓偉が当て書きしたのでは?と思いくらいにハマっています。

当て書きした可能性も高いと思いますが、それだけアンジュルムの個性の豊かさが感じられて面白いです。

 

勝田里奈のクリアに伸びる「やりきれないひぃー」の裏声が伸ばすところは本当に見事で、この人は人が抜ける度にちょっとずつ本気を出しているのかな?どこまでの実力者なのか底が知れないです。

にしても、笠原桃奈の生真面目さは本当に面白い。

丁寧にやらないと気が済まないくせして大胆で思い切りがいい人です。

おどおどしてるけど肝が据わってる。
 そのどちらもが彼女の「バカ真面目」な性格に起因していると思います。

最後の挨拶でも「むろたん、あいあい、りかこさんコールは」と言ったりで。

 

最後の曲として定番になりつつある『友よ』で終了。

 

 

 


 気づいてみれば、ハロプロ内でも名曲揃いと言われるスマイレージ時代の曲を1曲もやらずにアンジュルム曲だけでのライブでした。

福田花音がいた時代はスマイレージからが6人、アンジュルムからが3人。

 

田村芽実がいた時代はスマイレージからが5人、アンジュルムからが4人。

 

今ツアーからは、

スマイレージからが4人、アンジュルムからが5人とついにアンジュルムからのほうが多くなったことでスマイレージ曲をあえて封印し新生アンジュルムを意識したのでしょう。

 

その中で和田彩花、佐々木莉佳子、笠原桃奈が目立っていました。(身長が高い組?)

笠原桃奈は12歳ながらモダンバレエ歴9年で予想以上に表現力が高かったです。

 

身長が1番低い上國料萌衣はほとんど見えず、竹内朱莉と室田瑞希もあまり見えず。

上國料萌衣は歌声はいいんですが、癖のない心地よい声なだけに姿が見えないと印象に残りにくいと思いました。

 

中西香菜さんは顔も動きも歌も大人っぽくなってきました。

 

勝田里奈が和田さんに「おばあちゃんみたい」とツッコミを入れたり、ますます自然で自由ないい雰囲気になってきました。

 

今のアンジュルムの自由さ、組織の面白さ、グループの雰囲気の良さがそのまま出ていて楽しいライブでした。

 

和田彩花さんが6代目のハロプロリーダーに就任したこともあり、田村芽実が卒業してもグループとしての勢いは衰えません。

 

でも、やっぱりほとんど見えないライブハウスよりも、ホールコンサートをやってほしいです。

 

今回ホールツアーがなかったのは、泥水すすって全国のライブハウスを回り(一時期はライブハウスさえなく)魂を磨いてきたスマイレージのスピリッツを、笠原桃奈に少しでも似た経験をさせる意味合いもあったのでしょう。

 

続く→

 

『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

 

池袋絵意知 Facebook

 

メールはこちら

大切に読ませて頂きます。

 

 

| イベント(音楽ライブ等) | 18:39 | - | - | pookmark |
リケジョの“一歩踏み出す勇気”|自分を見ていない顔は『顔』であって顔ではない。
日本顔学会の新しいニューズレター63号が届きました。



第47回“ 今、を感じさせるKAOの人物を紹介する”「now the face」は、
稲垣涼子さん(フリュー株式会社)、久保友香さん(東京大学大学院情報理工学系研究科特任研究員)。

理系女子2人の学生時代と転機、そしてコラボのお話。

世の女子学生を魅了するプリントシール機(プリ機)の裏には、2人のリケジョの“一歩踏み出す勇気”があったのですね。

かつては低迷していて上位3位以内に入らなかったところから、フリュー株式会社がプリ機のシェアで7割を占めるようになったシンデレラストーリーでした。

第41回&第42回 化粧文化研究者ネットワーク研究会報告

第41回「浮遊する美人〜美人とは何か」は、私もブログで書いています。

「浮遊する美人〜美人とは何か」化粧文化研究者ネットワーク 第41回研究会|「現代日本の3大美人は長澤まさみ、北川景子、綾瀬はるか(池袋絵意知選)

第42回「文化心理学から捉える化粧行為」は今週中に書きたいと思います。


第12回 若手交流会報告

こちらも参加したのでブログで書いています。

日本顔学会 第12回 若手交流会「全ては顔に書いてある!?‐微表情から察する感情と認知」



第52回 日本顔学会イブニングセミナー報告

第10回顔学講座「メディアとしての顔 −顔は何を表象するのか?−」

新春恒例の原島先生の顔学講座ですが、こちらは残念ながら参加しておりません。

が、読んでみると、

う〜ん、深い!
さすが原島博先生!!!
『顔』と「顔」は違うのですね!
デジタルの『顔』と生の「顔」はこうも違う。
自分を見ていない顔は『顔』であって顔ではない。

「面人類、線人類、点人類」そして「体人類」

いやいや、文字を読むだけで原島節が聞こえてきます。

原島先生からは「顔」を通して、
そして「顔」を抜きにしてまだまだ学んでいきたいと思います!


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。


| 顔学・顔・表情 | 23:47 | - | - | pookmark |
『月刊てりとりぃ』【大阪から池袋絵意知です!(30)】「太陽の塔」(私もケロヨン世代です。)
隔月で連載している『月刊てりとりぃ』の【大阪から池袋絵意知です!】

第30回は「太陽の塔」。

前回の「EXPOCITY」の隣の万博記念公園にある「太陽の塔」ですが、内容も「太陽の塔」の「ニフレル」から続く感じになっています。

太陽の塔ヲタとして、太陽の塔に春夏秋冬何度も足を運んでいるからこそわかることから(※アンジュルムの今のツアータイトル【変わるもの 変わらないもの】も無理矢理入れています!)、大阪と日本の現状を書いています。

今回、ここでの告知とともにまだブログに書いていない「太陽の塔」の写真(3〜4回分?)をと思ったのですが、ちょっといろいろ遅れていて時間がないのでまたの機会とします。
(既に書いている分は、このブログの検索欄から「太陽の塔」と検索してみてください)


「月刊てりとりぃ」第86号(2017年5月号)は4月29日より配布を開始しております。

「月刊てりとりぃ」の【配布場所】は週刊てりとりぃ右サイドの【「月刊てりとりぃ」配布場所】をご覧ください!


今月号の個人的な注目記事は、

古書とスイーツの日々[69]『45年目のメッセージの巻(2)』(鈴木啓之=アーカイヴァー)
ほっこりするとてもよいコラムでした。
私もケロヨン世代です。

ケロヨン、ケロヨン、バハハーイ♪

ということで、幼稚園時代の私の写真を公開!


ケロヨンを被っているほうが私。星を被っているのが弟です。

『春眠暁を覚える前に珍しく学びを』(加藤紀子=タレント)
私も“宣材写真”と撮りにいかねば。
昨年撮影したものは顔自体はよく撮れているのですがどうも違って、使っていません。
結局2005年に撮影したものを今でも使っています。

近所の「街中華」(星健一=会社員)
日暮里「大三元」が出てきてどこだろう?
とGoogleマップで調べたら一度くらいしか行ったことがない店でした。
私はもっぱら「けん太」のランチが好きで(営業マン時代の事務所の裏にあったので外回りに出てない時はほぼ「けん太」でランチ)、普通の醤油ラーメンに日替わりで丼物がついてくるのですが、それのどれもが美味い!スタミナ丼とか肉系の丼が多かったと記憶しています。あとはラーメンと炒飯のランチも美味かった!私的には「けん太」が「街中華」です!

「馬賊」はまあまあ行きました。ランチタイムは混んでいるので時間がちょっとずれた時とかで、同僚と話がある時に行ったように思います。

アキラの草紙 vol.19 銀色のジプシー(伊藤アキラ=作詞家)
私もジプシー気質。
にしても作詞料の誤分配の話は衝撃的でした。

あなたの知らない音楽の世界 第83回 〜アイドル文化〜(川口法博=音楽ディレクター)
アイドルブームは続くのでしょうか?
まあ面白いですけどね。人間が成長していく姿を見るのは。
いわゆる接触に関しては法で規制するのではなく、自主的に控えるべきだとは思っています。
それが主になってはいけない。それが主のものとそうでないものは分けて考えるべき。
しかしながら、現在の音楽ビジネス、アイドルビジネスは接触でなりたっているのが現状です。

街歩き山歩き 新宿に行った(川村寛=編集者)
高田文夫さんがビートたけしさんと毎晩飲んでいたという焼鳥屋とは?!
末広亭の近く(新宿三丁目駅周辺)だけでもたくさんの焼き鳥屋があるからなぁ。
検索したら、軍団を連れて朝まで飲んでたという「呑者家」という店が出てきましたが、ここは焼き鳥ではありませんでした。

新宿三丁目は美味い店が多いので、今度歩きながら探してみよう。
そういえば、以前「大阪には三丁目がない?」というコラムも書きました。


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| 大阪から池袋絵意知です! | 22:26 | - | - | pookmark |
○○が大きくて丸い!?お金に愛される男の3つの特徴とは?@Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)
資生堂さんが運営する「美しく暮らすための“きっかけ”がつまった美の応援サイト」【Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)】にインタビュー記事が掲載されました。

【顔面評論家が解説!男性からの好感度がアップする、表情&メイクの法則】
【男目線で涙袋はありorなし?専門家が教える、本当のモテ顔ってこんな感じ!】
あなたは右分けor左分け?前髪で変わる好感度をスタイル別にチェック♡

と、女性の表情&メイク、女性のモテ顔、女性の髪型ときて、今回は男性の顔についてです。

誰もが一度は憧れたことがある玉の輿婚。顔面評論家の池袋絵意知(えいち)さんは、「お金に愛される男性は、顔にある特徴が出ています」と言います。そこで、簡単に見抜ける顔の特徴を池袋さんに教えてもらいました。



○○が大きくて丸い!?お金に愛される男の3つの特徴とは?|Daily Beauty Navi|Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)


ぜひ、ご覧ください!



『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| 恋愛・結婚 | 20:03 | - | - | pookmark |
あなたは右分けor左分け?前髪で変わる好感度をスタイル別にチェック♡@Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)
【顔面評論家が解説!男性からの好感度がアップする、表情&メイクの法則】
【男目線で涙袋はありorなし?専門家が教える、本当のモテ顔ってこんな感じ!】
が好評で、またまた資生堂さんが運営する「美しく暮らすための“きっかけ”がつまった美の応援サイト」【Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)】にインタビュー記事が掲載されました。

顔の印象をがらっと変えてくれる「前髪」。斜めに流したり、センター分けにしたり、眉上くらいの長さにしたり...。ひとくちに前髪と言っても、いろいろなスタイルがありますが、一番好印象を与えるのはどのタイプなのでしょうか。そこで今回は、顔面評論家の池袋絵意知(えいち)さんに、前髪が与える印象について教えてもらいました!



あなたは右分けor左分け?前髪で変わる好感度をスタイル別にチェック♡|Daily Beauty Navi|Beauty & Co. (ビューティー・アンド・コー)

日本顔学会で研究されている髪の分け目による印象や、顔の左右の違いなども参考に顔の専門家としてお話をさせていただいております。

ぜひ、ご覧ください!


私の記事の少し下に【“グレー”と“毛並み”がポイント!プロが教える「長谷川潤ちゃん風眉メイク」 】という記事があってビックリ!

30歳の長谷川潤さんでも長谷川潤“ちゃん”なんですね。
長谷川潤さんは資生堂の広告モデルも務めているので親近感を感じてもらうためなのでしょう。

プロのほうは、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの福池千鶴さんでした。

それにしても日本人ヘア&メーキャップアーティストの探究心と巧みの技にはいつも驚かされます。


『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。


| ヘアメイク・ファッション | 17:39 | - | - | pookmark |
乃木坂46「お洒落な“インフルエンサー”は誰だ!?」堀未央奈さん、新内眞衣さん、寺田蘭世さんの顔相鑑定@『smart(スマート)』
本日3月24日 (金) 発売の『smart(スマート)』5月号(宝島社)


表紙は白石麻衣さん(乃木坂46)

先月発売の『smart(スマート)』で山本彩さんの顔相鑑定をし、

昨年11月の平手友梨奈さんの「筆跡」診断&「顔相」鑑定@『smart(スマート)』以来の同企画。今後も恒例になると嬉しいです。

と書いていたら、早くも今号でも顔相鑑定をやらせていただくことに!

ブックインブック8P(カラー)「お洒落な“インフルエンサー”は誰だ!? 乃木坂46×ペールトーン 〜堀未央奈、新内眞衣、寺田蘭世〜」で3人の顔相診断を。



『NOGIBINGO!4』(日本テレビ)「愛され女王西野七瀬徹底検証スペシャル」での「愛され顔相学」「素の表情で顔相学」のおかげで乃木坂46ファンの間では私の認知度は高いですからね。
今回もファンの方に喜んでいただける内容になっていると思います。

ノギビンゴでは、西野七瀬さんの他に秋元真夏さん桜井玲香さん、能條愛未さん、橋本奈々未さん、松村沙友理さんの鑑定でしたが、今回の『smart(スマート)』では3月22日に発売されたシングル『インフルエンサー』に合わせて、堀未央奈さん、新内眞衣さん、寺田蘭世さんの顔相鑑定とともに、それぞれのメンバーが“どんな分野でインフルエンサーの素養があるか?”を鑑定しています。

私が3人に選んだインフルエンサージャンルと、編集部が事前に3人に「乃木坂46内の【ジャンルA・ジャンルB・ジャンルB】のインフルエンサーは?」とインタビューしているジャンルが見事に同じでした。

そして、「私の堀未央奈さんに対する鑑定」「新内眞衣さんが乃木坂46内で堀未央奈さんを選んだ理由」が完璧に合致していて驚きました!!!

これ、ヤラセじゃないですから!(笑)

今回、超タイトなスケジュールながら、見事に鑑定できたことで鑑定士としてまた1つ自信につながりました。


17thシングル「インフルエンサー」も発売され、さらに勢いを増す乃木坂46から、3名の“smart選抜メンバー”が登場! 今回は“ペールトーン”をテーマに、男女のスタイリストがそれぞれ“ボーイッシュ”&“ガーリー”な春コーデを提案。それを誰が一番お洒落に着こなすのか!? さらに、顔相診断やQ&Aにチェキプレゼントと、盛り沢山でお届けしちゃいます♪



ぜひ、ご覧ください!!!

5月号特別付録は、本気で使える本格リュック【Dickiesボックス型リュックサック】ということで今回もスゴイ!!!

着用レポート記事もすでに用意されていました!

[smart 5月号]女だけど付録Dickiesリュックを背負って散歩してみたら、かわいくて便利なのでアガった件 | treasures(トレジャーズ)|デイリー宝島社オンライン

メンズファッション誌No.1独走中!「smart(スマート)」の公式WEBサイトがついにオープン!



私もこの勢いに乗っかっていきたいと思います!

『ふくろう流観相学 池袋絵意知オフィシャルサイト』(PCサイト)

池袋絵意知 Facebook

メールはこちら
大切に読ませて頂きます。
| メディア情報(雑誌・テレビ・ラジオ) | 18:39 | - | - | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ 最新記事
+ プロフィール
+ CATEGORIES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ 著書・関連書籍




池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

池袋 絵意知

辛酸 なめ子
辛酸なめ子さんと対談。
[特別対談]
セレブに学ぶ開運フェイス



双葉社
「観相学のプロに聞いた!タイプ別ヒゲメンGET術」監修。
+ ARCHIVES
+ OTHERS
このページの先頭へ